Re就活(学情)の評判ってどう?フリーターや既卒でも大丈夫?

Re就活(学情)の評判ってどう?フリーターや既卒でも大丈夫?のイメージ

「転職するぞ!」と決意したら、まずはじめたいのが転職エージェントへの登録です。非公開の求人を紹介してくれたり、履歴書の添削をしてくれたりと、自分で企業に直接応募をするよりも、スムーズに転職するためのサポートをしてくれます。たくさんある転職エージェントの中から、自分にあったサービスを見つけて転職を有利にすすめましょう!

学情のRe就活ってどんなサービス?

株式会社が運営する転職エージェント「Re就活」。
転職対象者は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートととても広く、未経験の職種・業種にキャリアチェンジしたい人に向けたサポートを行っています。

Re就活の特徴は、2つのサービスを展開していること。
ひとつめは『Re就活』。自分で求人を探して、企業へ応募する求人サイトです。
ふたつめは『Re就活エージェント』。担当エージェントが面接対策などのサポートをしてくれるサービスとなります。会員登録のときに「Web履歴書」の記入をすると、スカウトの連絡が入ることもあるようです。

イベント『転職博/就職博』も定期的に開催しています。求人募集をしている企業の採用担当者から、直接話を聞くことができるイベントなので、気になる企業の求人があれば積極的に参加してみるのが良いでしょう。

また、全国各地でキャリア相談や転職に役立つ特別講演なども行われています。地方在住の方も参加できるのがうれしいですね。

Re就活でちゃんと転職できる?転職成功率は?

Re就活の口コミ評価は星2.8点(5点満点中)。

情報発信の積極性や履歴書の添削・面接対策に対するサポート体制は手厚いものの、扱っている求人数の量が少ない、一般求人を「非公開求人」として紹介された、というコメントがあります。

さらに、Re就活が扱っているのは中小企業の求人がほとんど。全職種・全業種をカバーしていて、対象エリアは全国となっているので、中小企業への就職を目指す方にはぴったりなエージェントといえそうです。

中小企業の採用はポテンシャル評価というところが多いので、学歴や職歴にコンプレックスを持っている方にとっては狙い目ではないでしょうか。

Re就活の良いところ

経歴を重視しない求人が多い

第2新卒・20代の若者向けの求人を多く扱っているため、キャリアや経歴を重視しない求人案件が多いです。

Re就活に掲載されている求人はすべて「未経験歓迎」となっているため、キャリアがなくて不安、正社員の経験がない、などといった不安を抱えた方も安心して利用することができます。

第2新卒から30歳目前まで応募が可能

一般的に、第2新卒とは新卒で入社して3年未満の求職者のことをいいます。年齢でいうと、25歳〜26歳くらいまでの人です。

Re就活では、第2新卒の方だけではなく30歳目前の年齢の方も応募可能な求人があります。30歳という年齢で諦めずに、ぜひ求人に応募してみてください。

フリーター・ニートから正社員が目指せる

新卒の就職活動で正社員になれなかった方も、諦める必要はありません。
既卒・フリーター・ニートから正社員が目指せる手厚いサポート体制があります。

適職診断テストや就活の進め方、自己PR文、面接の対策など就活に不安を感じている人にこそ使って欲しいサービスがそろっています。正社員として働く意欲のある人にはぜひおすすめしたいポイントです。

スカウトやWEB診断などの充実のサポート

Re就活では、企業から直接スカウトが届くサービスを展開しています。希望した条件にマッチした求人案件に出会える可能性が高まりますね。

適職診断テストやエニアグラムも無料で行えます。客観的に、自分がどのような職業に向いているのかを判断してもらえるので、今後の就職活動に活かしていきましょう。

地方在住でも安心のWEB面接が利用できる

Web面接の機能が用意されています。日程決めから面接までを、オンラインで完結することができます。

また、東京・大阪・愛知・福岡などで転職博・就職博を開催しています。企業の人と直接会うことが出来るので、事前に社風を知ることも可能です。

Re就活の悪いところ

求人数が少ない

「未経験者歓迎」に特化したエージェントなので、求人案件自体は少なく感じてしまうのも大きなデメリット。

紹介してくれる求人が少なく、登録してから放置されたという口コミも見受けられます。

もしかしてブラック企業?というところを紹介された

口コミの中には、Re就活で紹介された求人に不満を持っている人もいます。

せっかく内定した会社が、人間関係や事業内容に問題があり過ぎるところだったようです。

「非公開求人」といって公開求人を紹介された

転職サイト上には掲載されない「非公開求人」は希望とマッチする自分にだけ紹介してもらえる嬉しいサービスです。

しかし、口コミによるとサイト上に掲載がある「公開求人」を「非公開求人」として紹介されたことがある人もいるようです。

担当者の熱意が足りないと感じる人も

大手の転職エージェントと比べ、担当者の熱意が足りないと感じる人もいるようです。口コミの中には「Re就活の中の人はあまり頼りにならないんで、自分が主体になってどんどん行動することだね」というアドバイスをする人も。

転職活動に不安があり、アドバイスを必要としている人は、ぜひそのことを伝えておきましょう。Re就活と平行して、大手の転職エージェントもいっしょに使うのがいいかもしれませんね。

学情、Re就活のリアルな口コミは…

re就活で希望通りの職業へと無事に就職出来ました

re就活には、利用者が理想的な職種へと就けるように、適職診断テストと呼ばれる、便利なシステムが備えられています。適職診断テストの項目では、特性、価値観、お仕事に関する情熱、本当に的確な業種なのかを、いつでも素早く確かめられます。

アンケートを受ける感覚で簡単にチャレンジ出来る為、どなたでもストレスを感じる事なく、気持ち良く試験を受けられそうです。

re就活のサービスを受けた事で狙っていた会社へと簡単に就職出来た!

re就活には、求職者が理想的なお仕事をやれるように、適職診断テストと言う名前の有り難いサービスが提供されています。そのシステムを利用する事で、面倒な自己分析を障害なく、すんなりと進められます。

この試験項目とは堅苦しいものではありません。遊び感覚で誰でも直ぐに挑戦出来る構成である為、検査を畏まる事なく落ち着いて受けられます。どなたでもストレスを感じる事なく、気持ち良く試験を受けられます。

分析力が凄いので、re就活に対しての信頼度が一気に上がりました。

20代の第二新卒にとっては強い味方となるサイト

20代専門と名乗っているだけあって、未経験や社会経験の浅い人からのチャレンジを受け入れている企業が多数掲載されています。

スキルよりも、やる気や成長意欲、ポテンシャルを評価してくれる企業が沢山紹介されています。履歴書の書き方や、面接でのアピールポイントといったところでも、第二新卒やフリーター向けのアドバイスが充実。

これから心機一転、新しいことにチャレンジしていきたいいという第二新卒やフリーターにはおすすめのサイトです。

まとめ

2chからの評判を見ると、Re就活を使いこなす必要があることが伺えます。Re就活の特徴をおさえて、自分の希望にあった転職ができそうであれば利用してみるのがいいでしょう。

第2新卒・フリーター・ニート歓迎の求人は経歴を重要視していないことが多いため、「とにかく就職したい」「職種にはこだわらない」という希望の人には利用しやすいサービスといえそうです。

ただ、求人の中にはブラック企業が潜んでいるかもしれません。担当者から渡された求人を鵜呑みにするのではなく、自分で判断をして採用試験を受けるようにしましょう。
定着率が低く常に求人をしている企業や、仕事内容が詳細に記載されていない企業などはブラック企業の可能性があります。しっかり見極めをしてくださいね。

また、Re就活は中小企業の求人を多く扱っています。
中小企業に就職したい人にとっては向いているエージェントといえるでしょう。全国エリアを対象としているので、地方での就職を希望している人も使いやすいエージェントです。

求人イベントや就職活動のサポートも行っているので、そういったサービスを有効に活用していきましょう。求人数の少なさなどを補うために他のエージェントとあわせて使うことで、効率的に転職活動を進められるでしょう。