【フリーターからエンジニア(正社員)へ】非正規待遇の悪さに焦りで転職。脱フリーターできたのは、自分を認めプライドを捨てたこと

【フリーターからエンジニア(正社員)へ】非正規待遇の悪さに焦りで転職。脱フリーターできたのは、自分を認めプライドを捨てたことのイメージ

男性/27歳(転職時)
転職活動期間:1年
派遣社員(フリーター)からエンジニア(正社員)へ

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

転職を決意したきっかけは、友人の出世や結構。自分の中の焦り

新卒で就職した会社を2年足らずで辞め、その後は気楽なフリーター生活を送っていました。短期や日雇いのアルバイトや派遣でくり返し日当を稼ぐ日々。面倒な人間関係や激務もないのをいいことに、2年以上もそのような生活を続けていました。

しかし、20代も中盤を過ぎてくると非正規と正規では待遇に大きな差が出てきます。友人たちが出世し結婚をし始める中で焦りが生まれてきました。一度は社会に背を向けたけどなんとかしてやり直したいと思い転職活動を始めました。

開始当初は全然うまく進まず…。ハローワークでのアドバイスでIT業界への転職を決意

正直に告白すると、転職活動を始めた当初は全くうまく事が進みませんでした。

前職を早々に辞めており、運転免許証以外にまともな資格も持っていない私。転職サイトや就職サイト、ハローワーク、自治体が行う就職面接会など様々なところに顔を出しましたが、成果なし。履歴書を送っても全く相手にされないことも多かったです。たまたま面接に進んでも、経歴にさしたる特色もなく自分でも何をアピールしていいかわからない状態。当然の如く何十社受けても連戦連敗という結果が待っていました。

色々悩んだ末、ハローワークの職員からアドバイスを受け当初全く考えていなかったIT業界に応募してみることにしました。現在業界全体で人手不足のため未経験者も積極採用していてチャンスがあると考えたからです。それでも、全くの素人では苦しいということで、試用期間があるトライアル雇用の求人に応募。

3か月の試用期間を経て、なんとか採用されるに至りました。

フリーターから正社員になれた理由は、「自分を認め、プライドを捨てたこと」

何もスキルもない自分を認め、プライドを捨てたことだと思います。

恥ずかしい話ですが、やりたいことも全く思いつかずできることもない状態。今までの実績や経験では全くアピールできるものがありませんでした。下手に取り繕うよりも、今までではなくこれからを見てほしいという方向性に切り替えられたことが大きかったです。

かつての私なら、トライアル雇用のような制度を頼ることはカッコ悪いと思っていたはずです。にっちもさっちもいかなくなり開き直ったというところが現実ですが、それがいい方向に働きました。試用期間中は仕事を覚えるのに必死でした。わからないことがあれば恥を忍んで何でも聞き、一つでも多くのことを吸収しようと試みました。

結果、スキルはまだまだでしたが努力と仕事への姿勢が認められ採用に至りました。

エンジニアは勉強の日々。レベルアップしている実感が気持ち良い

ITエンジニアの仕事は日が当たらないことも多く、一日の大半を室内で過ごすのでストレスがたまるところも正直あります。未経験からだと覚えねばいけないことも次々でてくるので、勉強の日々は大変でもあります。

ただ一方で、その分勉強の成果がダイレクトに表れるのは気持ちがいいですね。日々レベルアップしているという実感が伴います。手に職が就くので、とりあえず食いはぐれることはないだろうとは思います。

給与面今のところ満足ですが、昇給が余り望めないので将来はちょっと不安です。更にスキルアップを重ね、大手企業かIT知識を生かせる別業界への転職も視野に入れています。

これから転職したい、未経験だけどIT業界へ入りたいと思っている人へ

未経験からの転職は非常に困難が伴うと思います。心が折れそうなこともあると思います。苦しくなったときは、悩みを吐き出したりする人がいると精神が安定するので、そういう相手を作った方がよいと思います。

20代はポテンシャルを期待しての採用もありますので、面接では少し大口を叩くくらいの方がウケがいいと感じました。