ミーダスは転職エージェント?面接確約って本当?年収診断って?評判まとめ

ミーダスは転職エージェント?面接確約って本当?年収診断って?評判まとめのイメージ

転職活動で利用したいのが「転職エージェント」。
求人の紹介から応募書類の書き方、面接練習などさまざまなサポートをしてくれます。

新卒での就職活動とは違い、ひとりで活動をしなければいけないケースが多い転職活動。不安や疑問があっても、誰に相談していいのか困ってしまうこともあるでしょう。そんな時にも、転職エージェントに登録していれば親身に助けてくれます。

数ある転職エージェントの中から、今回は「ミイダス」を徹底分析していきます。
どのような特徴があるのか、どんな人に向いているサービスなのか詳しく見ていきましょう。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

ミイダスって転職エージェント?運営会社はどこ?

MIIDAS(ミイダス)は、パーソルキャリア株式会社が2015年にスタートした全く新しい転職支援サービスです。パーソルキャリアは転職サイトDODAを運営しているため、これまで培ってきた転職ノウハウが満載で、転職を希望している人に使いやすいサービスとなっています。

特徴的なのが自分の“転職市場価値”がわかること。自分と似た学歴や経歴の人の年収や転職先から、あなた自身の“転職市場価値”を算出してくれます。

さらにミイダスのオファーはすべて書類選考合格済みのもの。つまり、面接が確約されているのです。自分を必要としてくれている企業からのオファーを受けることができるのでスムーズな転職活動が叶います。

そんな特徴的なサービスを提供している「ミイダス」。ミイダスに登録するメリット・デメリットを見ていきましょう。

ミイダスを利用するメリット

まずはメリットからご紹介していきます。ミイダスならではの特徴的なサービスを見ていきましょう。

スマホアプリで簡単登録

ミイダスはスマホアプリ専用の転職エージェント。パソコンからも作業できますが、スマホで簡単に操作できるので、忙しい人もスキマ時間を利用して転職活動ができます。

さらに登録にかかる時間はおよそ5分。記入する項目も少なく、長文の自己PRを入力する必要もありません。さらに登録したらすぐに、優良企業20,000社に経歴が公開されます。

登録後は、条件にあった企業からのオファーを待つだけ。自分で求人情報を探す必要がないため、時間の節約になります。オファーがあった求人を自分の求める条件と比べ、見合ったものだけにアプローチできるので納得のいく転職がしやすいでしょう。

面接確約のオファーが届く

ミイダスから届くオファーは、すべて「面接確約」のもの。つまり、書類選考を合格した企業からのオファーが届きます。

登録しているユーザーのうち、約60%が登録完了直後にオファーを受け取っており、多い人では100通以上のオファーが届くことも。
転職エージェントの中には、求人紹介まで数日かかるところもあるため、登録後すぐにアクションがあるのは嬉しいですね。

さらにミイダスのオファーには応募期限が無いため、転職したいタイミングにあわせて応募することができます。求人サイトでは「タイミングが合わずに応募ができなかった」というケースが発生しますが、ミイダスのオファーはマッチングしている企業側からのアプローチ。自分のタイミングにあわせた転職活動ができます。

現在の転職市場価値がわかる

ミイダスでは、登録した学歴や経歴をもとに「現在の市場価値」を算出してくれます。

これは、似たような学歴・経歴、スキルを持っているユーザーへのオファー実績や選考にマッチした企業数を元に計算されています。
転職の際には「他の人はどれだけの年収をもらっているのだろう」「このレベルの企業に採用してもらえるだろうか」と周囲の条件が気になるものです。客観的な「現在の市場価値」を知ることで、自信をもって転職活動をすることができるでしょう。

キャリアアドバイザーと面談する必要がない

ミイダスへの登録の際にはキャリアアドバイザーとの面談がありません。登録後も、面談や連絡のやりとりをする必要がないため忙しい人にはぴったりなサービスと言えます。

「キャリアアドバイザーさんに連絡している暇がない」「すぐに転職するか決めかねているけれど、どんな求人があるか知りたい」といった人には嬉しい点かもしれません。

条件に合わない企業を紹介されたり、しつこいメールが届くこともないため、そういった面でのストレスなく転職活動ができるでしょう。

ミイダスを利用するデメリット・失敗しがちなポイント

続いて、ミイダスを利用するデメリットについてご紹介していきます。

プロフィールを充実させないといけない

ミイダスのオファーは、入力したプロフィールとのマッチングによって届きます。
登録時はタップをするのみで簡単にプロフィールを入力できますが、より良い条件のオファーをもらうためにはプロフィールを充実させなければいけません。

「プロフィールを記入するのは面倒…」と思う人がいるかもしれませんが、保有している資格やスキルを正確に入力することでより条件にマッチした、自分に有益となる情報を受け取ることができるようになります。

オファーが来ないと転職活動ができない

ミイダスでは、企業側からのオファーを受け取ってはじめで転職活動がスタートします。
「今の仕事に不満があるからすぐに転職したい!」といった人には不向きなサービスといえるでしょう。

ミイダスでは、「自分の市場価値が高い時に転職する」ことをすすめています。
キャリアアップができるオファーがあったときに転職を検討できるように、自分がどんな企業に求められているかを知る必要があるという考え方です。

今すぐに転職したいと考えている人は、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

地方の求人が少ない

都市部の大企業の求人が多いミイダスでは、地方での転職を考えている人には不向きなサービスと言えます。

自分の市場価値を客観的に知るためのツールとして利用することはできるので、他の転職エージェントと併用して登録するのがいいでしょう。

フリーターや第二新卒はミイダスを使える?仕事は決まる?

フリーターや第二新卒の人もミイダスを使えるのでしょうか?
ミイダスの登録に関して、学歴や職歴に関する制限はありません。
どんな人でも登録し、サービスを利用することができます。

面倒な手続きやヒアリングもないため、アンケート形式の質問に答えて、企業からのオファーを待つだけです。

ミイダスを使って転職を成功させた人の中にはアルバイトから正社員になった人も。自動マッチング機能があるため、自分に興味を持ってくれた企業にのみアプローチすることができます。

さらにオファーは面接確約のみ。「書類選考が苦手」という人でも、アプリ内で記入する項目のみで面接に進める可能性があるため、安心です。

ミイダスの年収診断がヒドイ!という話は本当?

「ミイダスの年収診断がヒドイ!」という噂があるようです。
実際のサービスはどうなのでしょうか。

ミイダスの年収診断は、登録と同時に利用できる無料のサービス。
転職時に気になる「転職前後の年収」「類似条件の転職者の年収」「自分の転職市場における価値」が分かります。

年収診断は、ミイダスのスマホアプリからプロフィールを入力することでできます。質問にタップして回答していくため、手入力はほとんどありません。

生年月日や居住地、最終学歴、経験社数、直近の雇用形態等の質問に次々と答えていくと「選考条件に合致した企業数」「想定オファー年収」「面接確約オファー件数」が表示されます。

ミイダスが保有する、約200万人の年収データ・約7万人の転職実績データを基に具体的な数字を教えてくれるので、転職に役立つ客観的な立ち位置を把握することができます。
無料でこれらのデータを手に入れることができるのは転職を進める上でも有益となるはずです。ぜひ診断してみることをおすすめします。

まとめ

これまでの転職エージェントのサービスとは一線を画すミイダス。
自分の市場価値を正しく把握し、自分を必要としてくれる企業や力を発揮できる企業にアプローチできるのが特徴です。

特に“面接確約オファー”が届く点は、転職活動のストレスを少なくする効果もありそうです。
基本情報を登録して、マッチングした企業からの連絡を待っているだけというのがいいですね。一方、「今すぐに転職したい!」と考えている人にとっては、オファーが来なければ自分からはアプローチできないのが歯がゆく感じるかもしれません。

他の転職エージェントと併用するなど自分らしい活用方法を探ってみてください。