派遣はやっぱり違う…。派遣から正社員に転職する、具体的な方法

派遣はやっぱり違う…。派遣から正社員に転職する、具体的な方法のイメージ

一定期間きちんと勤め上げれば、職場が変わって人間関係も刷新できるというメリットを好んで派遣社員という働き方を選んできた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。とくに、不況が続き正社員での採用が滞っていた時期に就職活動をされた方は「ひとまず派遣社員として働きながら、正社員になれるように頑張ろう!」とキャリアをスタートされた場合もあるでしょう。今回は現在派遣社員として働いていらっしゃる方、もしくはこれから派遣社員としてキャリアをスタートするかお考え中の方に向け解説していきます。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

派遣と正社員の違うところ

派遣社員と正社員で違うところがどこであるかをご存知でしょうか。根拠なく派遣社員のほうが、正社員よりもネガティブなイメージがあると考える方も多いのではないでしょうか。しっかりとした違いを知った上で、それぞれのメリット・デメリットを鑑みて検討材料にしてみてくださいね。

派遣社員と正社員の違いその1:雇用主

同じ企業で働いている派遣社員と正社員を比較してみると、派遣社員は派遣会社が雇用主であるのに対し、正社員の雇用主は所属している企業そのものとなります。

派遣社員と正社員の違いその2:雇用形態

同じ企業で働く派遣社員と正社員で比べると、派遣社員の雇用形態は有期雇用であるのに対し、正社員の雇用形態は原則的に無期雇用です。

派遣社員と正社員の違いその3:賃金面

賃金面では、同じ企業で働く派遣社員と正社員を比較すると、一般的には正社員のほうが責任の重い業務を任されることが多いので、必然的に賃金は高くなる傾向があります。ただし、専門性の高い職種に重視している場合にはこの限りではありません。

派遣社員と正社員の違いその4:福利厚生面

同じ企業で働いているという環境の中で、大きな違いのひとつが福利厚生の充実です。派遣社員として働いている場合でも、正社員でも、健康保険や厚生年金といった法定福利にそれほどの差は生まれないのが一般的ですが、それ以外の福利厚生には大きく差が出る傾向にあります。派遣先の企業から受け取る業務のスキルを上げるための教育サポートや、プライベートを充実させるためのリフレッシュ関連福利はあまり手厚くないと考えたほうが良いでしょう。

派遣でいることのメリット、デメリット

派遣社員、そして正社員として働く上での違いを理解したところで、検討材料としてとても大切となるメリット・デメリットをご紹介したいと思います。デメリットを聞くとリスクが高くマイナスの多いイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、自分の置かれた環境を鑑みると、必ずしもネガティブな要素ばかりではないケースもありますので、十分に把握しておくと良いでしょう。

派遣社員として働くメリット

派遣社員として働くメリットには以下のようなものがあります。

得意とする分野で仕事ができる

一般的な派遣社員の場合、担う業務の範囲は限られているため、自分がやりたいと思う業務だけを選んで応募することができ、苦手な分野を担当しないで済みます。

人間関係をリセットしやすい

派遣社員の場合、正社員のように昇給や昇進争いに巻き込まれることもなく、自分の業務にのみ集中できます。また職場での人間関係に嫌気が差したとしても、契約満了時期が来れば他の企業に派遣し直してもらうことができるので人間関係のトラブルでの悩みは解消しやすいです。

フリーターよりも給与が高水準である

派遣社員の場合、同じ業務を任されるフリーター(アルバイト・パートタイム)よりも時給の設定が高いケースがほとんどです。

仕事における責任がさほど重くない

派遣社員の場合、責任を持つことは任務の一環でない場合が多いので、正社員のようにさまざまな業務において一定の責任を持たなくてはいけないケースが少ないのもメリットです。ただし、責任感を持って業務に取り組む必要がある、という意味合いでは正社員でも派遣社員でも変わりありません。

派遣社員として働くデメリット

次に派遣社員として働くデメリットをご紹介します。

雇用が安定しない

派遣社員の場合、2~3ヶ月ごとに契約更新のタイミングがあり、同じ企業の同じ部署では最長3年までしか働くことができないので長期の安定した雇用は期待できません。

昇給やボーナスは“ほぼ”ない

一般的に派遣社員は昇給やボーナスがなく、幸運にあった場合でも極めて少額です。

手柄は作れない

派遣社員は基本的に業務の補助的な立場に置かれるのが一般的なので、大きな手柄を自分だけで作ることはほぼ不可能と言えるでしょう。

派遣社員から正社員への転職を目指す!!

派遣社員でいることのメリット・デメリットを把握した上で、正社員を目指したいと考える方はどのような点に注意しておけばよいかをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

心構え

まず、正社員として働く中で何を成し遂げたいかをきちんと考えておきましょう。「正社員になりたい」という気持ちが就職活動の軸になってしまっては良い結果を生みません。

履歴書の書き方

これまで派遣社員として働いてきたことがネガティブに受け取られるような書き方は避けましょう。派遣社員として任されてきた業務はきちんと遂行してきた旨を記載し、志望動機につながるような前向きな内容にしましょう。

面接対策

派遣社員のメリットのひとつでもあった「人間関係のリセットしやすさ」は正社員にはありません。長く企業に勤めて行く中で、協調性を持って連携できる人柄であることをアピールしましょう。

具体的な派遣→正社員への最短ルート

「正社員として雇用してもらいたい」という強い意志がある場合、ゼロから転職活動を行い、正社員雇用の職を手に入れる正攻法がもっとも有効と言えるでしょう。しかし、「万全に準備をしても、やっぱり派遣社員から正社員になるのは至難の業なのでしょう?」とお思いの方のために、最短で正社員を目指せるその他の方法もご紹介します。

「紹介予定派遣」で探してみる

紹介予定派遣とは、派遣社員として働きながら、その派遣された企業で後に正社員として雇用してもらうことを目標として働く方法です。最長6ヶ月の派遣期間が満了した後に、本人、派遣先の企業、その両者が合意することで正社員として働くことができるようになります。派遣社員として働く期間はいわばマッチングの期間となり、働きぶりや周囲の正社員との関係性を見ながら決定されます。

もちろん、紹介予定派遣で派遣社員として働いてみた中で「この企業はちょっと合わない…」と感じた場合には辞退することもできるので、正社員を目指す方にとっては予め企業の文化や雰囲気を知ることのできるポジティブな方法と言えるでしょう。

転職エージェントで転職活動

次に、転職エージェントを活用して転職する方法をご紹介します。

転職エージェントは、厚生労働省からの認可を受けて職業斡旋を目的に活動をしている転職のプロ集団です。正式名称は「有料職業紹介事業所」といいます。これまでさまざまなバックグラウンドやキャリアビジョンを持った方と接してきているので、あなたの悩みや相談にもプロ目線で答えてくれる安心な存在です。

まとめ

派遣社員として今後働いてみようかと検討中の方も、現在派遣社員で、今後正社員を目指そうとお考えの方にとっても有益な情報であったのではないかと思います。自分にとってのメリット・デメリットをよく考えた上で働き方を選択してみてくださいね!