ソニー銀行は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

ソニー銀行は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

ソニー銀行は第二新卒・既卒の採用をしているか?

ソニー銀行は、新卒採用を定期的に行っているほか、必要に応じて経験者採用も行っています。経験者採用は、社会経験のある第二新卒・既卒者も応募可能となっており、職種によって応募要件が異なります。例えば、システム開発・プロジェクトマネジメントの応募要件は「ユーザ企業またはIT関連企業等において、マネジメント業務などに従事した経験のある方、または同等の経験・知識をお持ちの方」と記載があり、カスタマーセンタースタッフの応募要件は「お客様対応(対面、非対面問わず)の経験が1年以上ある方」「基本的なPC操作に慣れている方」などの記載があります。前職の経験を生かし、新しいことに挑戦するきっかけとなるでしょう。

ソニー銀行の事業内容は?

ソニー銀行の主な事業内容は、インターネット銀行として、個人の利用者を対象に利便性と質の高い商品・サービスを提供するというものです。外資預金、住宅ローン、11通貨対応のVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」などを主力商品として、主にインターネットを通じてサービスを提供しています。ソニー銀行の強みは、インターネットの特性を生かした利便性と質の高い商品ラインナップと、非対面かつ顧客満足度の高い業務運営です。現在、国内インターネット専業銀行における預金残高シェアは第3位となっており、外資預金残高シェアは国内銀行の個人外資預金全体の7パーセントを占め、大手銀行に次ぐ規模です。

ソニー銀行の求人や評判は?

座学、OJTなどの研修や、社員の資格取得をバックアップする制度が充実しており、入社してから仕事に必要なスキルを身につけられた社員が多いようです。金融業務知識を身につけ、社内で理解度を図る内部試験が受けられるなど、日々が勉強で自分を成長させていける環境が整っているように感じられます。また、部署によっては若いうちからさまざまな企画を任せられるなど、非常にやりがいを感じている社員もいます。