関西電力は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2019/2/27)

関西電力は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

近畿地方の2府4県に電気を供給している関西電力は、原子力発電と火力発電、水力発電を主に行う電力会社です。太陽光発電や電気通信、ガス供給も行っています。

資産総額は5兆円を超え、発行株式数は9億を超える大企業です。グループ企業数は70社を数えます。生活に欠かせない電気を扱う仕事ですから、一度入社すれば安泰といったイメージがありますね。

しかし昨今においては、電力・ガスの小売り完全自由化に伴い、事業者間の競争は熾烈化しています。安定しているように見えるエネルギー系の仕事においても、アグレッシブな戦略が必要になってきているのです。

しかしそれは、人々の日常に密着したインフラ業界において、さらにやりがいある仕事ができるということにもつながります。

第二新卒や既卒者が、歴史あり未来への展望も明るい関西電力へ入社したいと考えたなら、どうすればよいのでしょうか。

関西電力は第二新卒や既卒を採用しているのか、評判や口コミを含めて検証してみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

関西電力は第二新卒・既卒の採用をしているか?

関西電力は、新卒採用、高専卒採用、グループ採用、障がい者採用を行っています。現在は、総合職とプロフェッショナル職の募集を行っています。総合職は、さまざまな部門で戦略スタッフとしてマネジメントに携わる仕事で、採用区分は「事務系」「技術コンサルティング」「技術系」の3つに分かれています。ジョブローテーションを通じて、各部署でプロジェクトの企画・立案・推進を行います。プロフェッショナル職は、技術系部門でエンジニアとして電力の安定供給を第一線で支えていく仕事です。現場第一線を中心に技術を磨き、知識と経験を積み重ねることで設備のプロフェッショナルを目指します。職種・採用区分によって必要な学歴が異なるので、募集要項をよく確認しましょう。第二新卒・既卒者の採用に関する情報は特に出ておらず、第二新卒者のみを対象とした「第二新卒採用」などは行っていないようです。

関西電力の事業内容は?

関西電力が展開する事業は、電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業などです。例えば、発電事業においてはS+3Eの同時達成に貢献するために、原子力をリードするとともに火力、水力、再生可能エネルギーとのベストミックス実現を目指しています。送配電事業においては、地域のエネルギーネットワークの担い手として、安定供給に万全を期しています。総合エネルギー事業者として、日本という国において確固たるシェアを獲得することを目指し、サービスを提供しています。また、海外にも視野を広げ、国際事業も展開しています。

関西電力の求人や評判は?

フレックス制度を設けているなど、働き方改革で社員の自由な働き方が尊重されているようです。また、小さなミスをしたときには周囲が非難するのではなく、そのミスを繰り返さないためにはどうしたら良いのかを考えていく雰囲気のある職場です。仕事に取り組んだ結果を次に生かし、さらに意欲を高めていける職場のように感じられます。

関西電力に入社できたらどんな経験を積める?

関西電力にはさまざまな部署があります。電気部門であれば変電設備の設計や施工管理に始まり、海外の電気関連コンサルタントや国際協力まで、電気に関するあらゆる仕事があり、配置される部署によってやることはガラリと変わります。

しかし、口コミや評判を見てみると、若手のうちからどんどん仕事を任されるところは共通しているようです。
また、チームで一つのプロジェクトを推進していく機会が多いため、考え方や価値観の違う多くの人と協働していく力がつくことでしょう。仕事におけるチームワークの大切さを学べます。

さらに、関西電力は今後ガス事業の積極展開を行っていきます。ガス部門に配属されれば、未知数の発展性にワクワクしながら仕事をすることができます。グループ事業としては、情報通信事業や不動産事業にもこれから力を入れてゆく方針です。

こういった新たな事業の柱に携わったなら、サービスの規模を広げてゆくためのノウハウを肌身に感じられます。経験値がぐんとアップすることは、いうまでもありません。

どのような部署に配属されても、エネルギー分野のイノベーションに関わっているという実感と、生活に不可欠な電気を送っているのだという使命感を強く覚えることでしょう。

第二新卒から関西電力を狙うなら?

関西電力は、第二新卒のみを対象とした求人を常に行っているわけではありません。中途の正社員として随時募集しているのは、技術系のキャリア採用のみです。ただ、キャリア採用といっても20代、30代の場合は職務経験を問わないので、第二新卒でもチャレンジできると考えてよいでしょう。

技術系のキャリア採用には総合職とプロフェッショナル職の2つの募集があります。どちらを目指すべきか、迷ってしまいますね。転職エージェントに相談すれば、あなたの職務経験を参照したうえで、どちらを目指すのがより入社しやすいかをアドバイスしてくれます。

では、どんなプランで、どんな転職エージェントを選ぶべきなのでしょうか。それぞれ解説します。

第二新卒から関西電力を狙うためのプラン

経験が問われないということは、とくに人物を重視した採用審査を行うということです。つまり面接が命ですから、第二新卒から関西電力を狙うためには、徹底した面接対策が必要になります。

今の仕事に従事しながら、ビジネスマナーにより一層磨きをかけましょう。日々の仕事を懸命にこなすことが、転職への近道になります。

また、関西電力で求められるのは、チームの中で実力を発揮できる人間です。複数の人と協力し合って仕事を成し遂げた経験があると、プラスに働くでしょう。

仕事をする中で、どんなことがアピールポイントになるかを常に考え、積極的に動くことが必要になります。なお、自分のアピールポイントは、転職エージェントと一緒に考えるのがベストです。自分では気づかない、自らの魅力を引き出してもらいましょう。

おすすめの転職エージェント

第二新卒の未経験から関西電力を目指す場合、おすすめしたいのが大手の転職エージェントです。

ユーザー規模の大きい大手は、未経験からの転職を成功させる基盤が、他社よりも圧倒的に盤石なためです。また、非公開求人を膨大に抱えているのも、大手の特徴です。公式HPからは得られない情報にアクセスすることが可能になります。

もし電気関連の仕事を経験しているのであれば、機械・電気業界のエンジニア関連に強い転職エージェントに登録するのもおすすめです。

いずれにせよ、数社に登録して相性の良い担当者に出会えるのを待ちましょう。そして関西電力への転職の場合は、とくに面接指導を徹底して行ってくれるかどうかに注目し、エージェントを選ぶのが肝心です。人柄重視の面接試験に合格できるよう、準備を万全に行ってくれる転職エージェントを探しましょう。

今の仕事が忙しい人であれば、面接日の交渉などマネジメント的な部分を一挙に担ってくれる会社に、優先して依頼するのもいいでしょう。

エージェントに登録すると、まずはカウンセリングが行われます。その時点で、自分の転職について本当に親身になって考えてくれる担当者を見極められればベストです。