関西電力は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

関西電力は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

関西電力は第二新卒・既卒の採用をしているか?

関西電力は、新卒採用、高専卒採用、グループ採用、障がい者採用を行っています。現在は、総合職とプロフェッショナル職の募集を行っています。総合職は、さまざまな部門で戦略スタッフとしてマネジメントに携わる仕事で、採用区分は「事務系」「技術コンサルティング」「技術系」の3つに分かれています。ジョブローテーションを通じて、各部署でプロジェクトの企画・立案・推進を行います。プロフェッショナル職は、技術系部門でエンジニアとして電力の安定供給を第一線で支えていく仕事です。現場第一線を中心に技術を磨き、知識と経験を積み重ねることで設備のプロフェッショナルを目指します。職種・採用区分によって必要な学歴が異なるので、募集要項をよく確認しましょう。第二新卒・既卒者の採用に関する情報は特に出ておらず、第二新卒者のみを対象とした「第二新卒採用」などは行っていないようです。

関西電力の事業内容は?

関西電力が展開する事業は、電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業などです。例えば、発電事業においてはS+3Eの同時達成に貢献するために、原子力をリードするとともに火力、水力、再生可能エネルギーとのベストミックス実現を目指しています。送配電事業においては、地域のエネルギーネットワークの担い手として、安定供給に万全を期しています。総合エネルギー事業者として、日本という国において確固たるシェアを獲得することを目指し、サービスを提供しています。また、海外にも視野を広げ、国際事業も展開しています。

関西電力の求人や評判は?

フレックス制度を設けているなど、働き方改革で社員の自由な働き方が尊重されているようです。また、小さなミスをしたときには周囲が非難するのではなく、そのミスを繰り返さないためにはどうしたら良いのかを考えていく雰囲気のある職場です。仕事に取り組んだ結果を次に生かし、さらに意欲を高めていける職場のように感じられます。