SBI証券は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

SBI証券は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

SBI証券は第二新卒・既卒の採用をしているか?

SBI証券では、SBI証券で働きたいという強い思いを持った人を求めています。そのため、新卒採用では、大学での専攻や資格等が不問となっています。素直であること、謙虚であることなど、SBI証券は人物重視の選考を行っています。2019年度新卒採用の募集対象は、「2019年3月末までに四年制またはそれに相当する国内外の大学・大学院を卒業予定の方」となっており、学部・学科は不問です。第二新卒・既卒の採用に関する詳しい情報は記載されていないので、今後も情報を随時チェックしていく必要がありそうです。また、就業経験がある人は、キャリア採用に応募することも可能です。

SBI証券の事業内容は?

SBI証券は、「お客様中心主義」の経営理念のもと、インターネットを通じて株式、投資信託、債券、FXなどの幅広い商品を取り扱っています。この会社は、インターネット革命と金融の規制緩和という大きな時代の潮流のもと、証券を通じて社会の維持・発展に貢献することを目指して設立された会社です。現在は、ブロックチェーンや仮想通過などの技術革新の波が押し寄せており、SBI証券も既存事業の枠を超えて革新的なサービスを提供する姿勢で、新しい価値の創造に取り組んでいます。SBI証券が力を入れているサービスのひとつに、「オンライン証券」があります。2017年3月期通期純利益では、オンライン証券で圧倒的1位となりました。顧客規模を示す証券総合口座数は、オンライン証券として初の400万口座を超え、多くの利用者に資産形成のパートナーとして選ばれていることがわかります。

SBI証券の求人や評判は?

業務をこなすなかで証券の知識が身につくだけでなく、言葉使いやロジカルシンキングなど、どの仕事に取り組む上でも必要となるあらゆる基本スキルが身についたと感じている社員が多いようです。スキルアップが期待できる環境がありますし、意欲的に仕事に取り組むことで、キャリアアップも目指せるのではないでしょうか。