LINEは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

LINEは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

LINEは第二新卒・既卒の採用をしているか?

LINEが行っている2019年度新卒採用の応募資格を見てみると、「2018年10月~2019年10月までに入社可能な方」「2019年4月~2019年10月までに入社可能な方」など、職種によって時期に違いはあるものの学歴学部学科の指定は特にありません。どの職種でも、LINEで働く意欲や、業務をこなしていく上で必要とされる能力を持ち合わせていることが重視されるようです。そのため、第二新卒・既卒でも不利だと感じることなく挑戦できる会社なのではないでしょうか。現在、新卒採用で募集している職種は技術職、サービス企画職、ビジネス企画職、デザイン職で、それぞれの職種で求める人物像がLINEのHPに掲載されています。

LINEの事業内容は?

LINEの主な事業内容は、世界で最も成長しているモバイルメッセンジャーサービスの配信です。スマートフォンやパソコンで利用できるメッセージアプリ「LINE」は、いつでもどこでも素早く簡単に友達と無料メールが楽しめます。1:1でのトークはもちろん、複数人でのグループトークも可能で、無料通話も楽しめます。今では、スマホを持ち歩くほとんど全ての人が利用しているアプリと言っても過言ではないかもしれません。メッセージアプリLINEから派生したサービスとして、「LINE GAME」や「LINE CAMERA」などのアプリも配信されています。そのほか、クラウドAIプラットフォーム「Clova」や、インターネット上のあらゆる情報から構成されるキュレーション・プラットフォーム「NAVERまとめ」などのサービスを提供しています。

LINEの求人や評判は?

自由度の高い社風で、早退や午後出社、有給取得などは業務に差し支えなければ比較的自由です。自分のやり方で業務をこなしていき、積極的にチャレンジできる環境があるので、意欲を持って働けば成長できる会社のように感じられます。また、無料メッセージや無料通話サービスを提供する業界では、世界シェアナンバーワンと言える大きな会社に成長しており、サービスを通じて社会貢献を実感している社員が多いようです。