ヤマハ発動機 は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

ヤマハ発動機 は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

ヤマハ発動機 は第二新卒・既卒の採用をしているか?

ヤマハ発動機は「新卒採用」「中途採用」「障がい者採用」「期間社員採用」などを行っています。2019年度新卒採用の応募資格を確認すると、「2016年3月から2019年3月の間に大学、大学院、高専を卒業された方、または卒業見込みの方で就業経験のない方」となっているので、就業経験がなければ第二新卒・既卒でも新卒採用に応募可能です。卒業後に就業経験がある場合は、中途採用の扱いになるかと思われます。ヤマハ発動機が求める社員像は、「自ら考え、自ら提案し、自ら行動できる」「苦しい場面でも自己責任で行動できる」「自分の市場価値を高める行動ができる」「チームワークを大切にした行動ができる」の4つです。

ヤマハ発動機 の事業内容は?

ヤマハ発動機が展開する事業は、モーターサイクル事業、コミュータービークル事業、レクリエーショナルビークル事業、ボート事業、マリンエンジン事業、ウォータービークル事業、パス事業、AM事業、UMS事業、ゴルフカー事業、部品事業、海外市場開拓事業などです。二輪車の開発を起点とするパワートレイン技術、走行・航走を支える車体・艇体技術を基盤として、さらに制御技術やコンポーネント技術を発展させながら、半世紀にわたって事業の多軸化とグローバル化に取り組んできました。海外市場開拓事業では、アフリカ、中東、カリブ、南アジア、中米などの新興国・途上国で、各国事業に合わせた製品やサービスを提供しています。

ヤマハ発動機 の求人や評判は?

若年層から定年間際の人までバランスよく雇用している会社で、性別に関係なく女性で重要なポジションとして働くことも可能なようです。資格や能力がある人は若くても管理職に就くことがあるなど、ポテンシャルと意欲をきちんと評価してもらえる環境があるように感じられます。