Googleは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

Googleは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

Googleは第二新卒・既卒の採用をしているか?

Googleの転職・求人情報を確認すると、セールスアナリストやAdSense Account Manager、Online Media Sales Mobile Specialist、Mobile Specialistなどの職種の募集が出ています。ほぼすべての職種で、応募資格のひとつに「大学卒業以上」という記載があり、四年制大学を卒業していることが求められています。また、職種によっては「関連職種での4年以上の業務経験でも可」「英語による読み書き(メール)が可能な方」など、いくつかの条件が提示されています。Googleはグローバルに事業を展開する大きな企業であるため、どのような職種に応募するにしても、ビジネスレベルの英語力が求められるのではないかと思われます。

Googleの事業内容は?

Googleは、スマホ、ケータイ、パソコンなどの端末や機器を通して、さまざまなサービスを提供しています。Googleが製造・販売しているデバイス製品もあり、インターネットや通信などの分野において幅広く事業を展開していることがわかります。私たちが日々の暮らしのなかで利用しているGoogleの代表的なサービスといえば、「Googleマップ」「検索機能」「Google翻訳」「Google Chrome」が挙げられるでしょう。また、映画や音楽などのエンターテインメントを楽しむサービスとして、「YouTube」や「Google Play Music」などのサービスも提供しています。さらに、「ドキュメント」や「スプレッドシート」などビジネスシーンで活躍するサービスも多く、人々の生活をより便利に、そしてより楽しいものに変えていくソリューションが豊富です。

Googleの求人や評判は?

会社全体の自由な雰囲気があり、しつこい上下関係などもなく、さっぱりとした人間関係のなかで働いていけるようです。社員と派遣の垣根があまりないことや、英語を使って仕事をしていく機会が多いことなどから、のびのびと仕事をしながらスキルアップを目指せます。また、プロジェクトを進めるなかで全体的な方向性を整えていく社風があり、臨機応変に対応するスキルが身についたと感じている社員も多いです。