住友商事は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

住友商事は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

住友商事は第二新卒・既卒の採用をしているか?

住友商事は「新卒採用」「キャリア採用」「障がい者対象の新卒採用」などを行っています。2019年度新卒採用の応募条件を確認すると、基幹職は「2019年3月までに大学・大学院を卒業・修了予定の方」、事務職は「2019年3月までに短期大学・大学・大学院を卒業・修了予定の方」となっています。第二新卒・既卒に関する記載は特にないので、就業経験がなければ新卒採用に応募できる可能性があります。興味のある職種の募集要項を確認してみましょう。また、就業経験がある場合はキャリア採用の扱いとなるかと思います。キャリア採用は、職種ごとに必要となる経験・資格が指定されているので、自分の実力を生かせる職種を見つけられるのではないでしょうか。

住友商事の事業内容は?

住友商事は、金属事業、輸送機・建機事業、環境・インフラ事業、メディア・生活関連事業、資源・化学品事業の5つの事業を展開しています。私たちの生活に特に密接に関係しているのは、メディア・生活関連事業ではないでしょうか。メディア、ICT、ライフスタイル・リテイル、食料、生活資材・不動産の分野で事業を展開しており、人々の食事や住まいの安全・安心に大きく関わっています。また、金属事業や資源・化学品事業ではグローバルに事業を展開しており、トータル・サービス・プロバイダーとして世界的なネットワークを構築しています。世界的に需要が高まっている領域で事業を展開しているため、これからもグローバルに事業を拡大していける可能性が高いです。

住友商事の求人や評判は?

国内のみでなく海外でも積極的にプロジェクトを進行し、メディアで取り上げられることもあるため、働いている社員は社会貢献に携われているという実感を持っているようです。仕事で求められるハードルは高いと感じることがあっても、職場全体が努力して仕事を進めていく空気に包まれているので、モチベーションを維持して乗り越えていけるでしょう。