ソフトバンクは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

ソフトバンクは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

ソフトバンクは第二新卒・既卒の採用をしているか?

ソフトバンクの「新卒採用」は、第二新卒・既卒者も応募可能となっています。2019年度新卒採用の応募資格を確認すると、「2019年3月末までに国内外の大学院、大学、高等専門学校(本科、専攻科)を卒業・修了(見込み)の方」となっており、2019年4月から2019年8月までに海外の大学・学校を卒業・修了見込みの場合も入社を調整してもらえます。選考にあたって必須の資格等はなく、国籍に関わらず人物重視の採用を行っているなど、ソフトバンクで働きたいという熱意と意欲があれば挑戦できるようになっています。ソフトバンクでは、2015年より「ユニバーサル採用」をスタートしました。挑戦する意欲ある人に広く門戸を開き、自由な時期に自己の意思で活動を行えるようにしたため、新卒・既卒問わず就業経験がある人でも応募できるようになりました。

ソフトバンクの事業内容は?

ソフトバンクは、インターネットカンパニーとしてさまざまな事業を展開しています。国内通信事業、スプリント事業、ヤフー事業、流通事業、アーム事業、ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業などです。ソフトバンクの代表的な事業として特に知られているのは、やはり「国内通信事業」かと思われます。国内の移動通信サービスや携帯端末の販売、個人顧客を対象としたブロードバンドサービス、法人顧客を対象としたデータ通信などの固定通信サービスを提供しています。「SoftBank」および「Y!mobile」ブランドの移動通信サービス、「SoftBank光」「Yahoo! BB」など個人向けブロードバンドサービスは数多くの人が利用しており、私たちにとって身近で馴染みのあるサービスのひとつとなっています。

ソフトバンクの求人や評判は?

社員のスキルアップを会社がバックアップしていこうという社風があり、必要な業務をきちんとこなしている社員であれば、就業時間内に外部の勉強会やカンファレンスへの参加が許可されるようです。日々の業務をこなしながら、積極的にスキルアップを目指せる環境があるので、ソフトバンクで仕事を通じて成長できたと感じている社員もいるようです。