ブックオフは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

ブックオフは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

ブックオフは第二新卒・既卒の採用をしているか?

ブックオフは、第二新卒・既卒の採用を積極的に行っています。ですが、新卒採用の選考方法は年度によって変更されることがあり、2018年度新卒採用ではブックオフコーポレーション(株)直営店のパート・アルバイトスタッフからの社員登用のみとなっていました。「新卒(大学3年生・4年生・既卒3年以内)のパート・アルバイトスタッフ」が対象となっていたようなので、一からブックオフで働くことを考えている場合は、新たな採用情報が公開されるのを待つ必要がありそうです。ブックオフでは、社内の業務を団体戦であると考えています。チームが成り立ってこそブックオフという業務が成り立つので、チームのリーダーである店長や主任を目指せる人材を求めています。

ブックオフの事業内容は?

ブックオフの事業内容は、書籍・パッケージメディア・アパレル等の総合リユース事業の運営です。全国に店舗を展開しており、本やCD・DVDのほか衣類の買取・販売を行っています。ブックオフが展開する店舗は、「BOOKOFF」「BOOKOFF PLUS」「BOOKOFF SUPER BAZAAR」などいくつかの種類があり、それぞれ取り扱う商品のジャンルが異なっています。BOOKOFF SUPER BAZAARは、本やアパレルに加えてスポーツ用品・ベビー用品・腕時計・ブランドバッグ・貴金属・食器・雑貨等を取り扱っており、幅広いジャンルの商品の売買で利用できる大型複合店となっています。

ブックオフの求人や評判は?

新人教育やキャリアパスなどで目標設定が明確に提示されるため、社員がまとまりを持って目標に向かって働いていけるようです。部署や店舗によって違いはあるものの、基本的にはスタッフのランクアップを積極的に行っている会社なので、キャリアアップが仕事のモチベーションとなるでしょう。また、社会全体が消費する時代からリサイクルする時代へと移り変わる中、リユース業をメインに行う会社なので、仕事を通じての社会貢献を実感できるでしょう。