カルソニックカンセイは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2019/4/26)

カルソニックカンセイは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

カルソニックカンセイは、日本ラヂエータ製造株式会社の時代から、自動車用ラジエーターの分野で圧倒的なシェアを誇ってきた自動車部品メーカーです。カルソニック株式会社へ社名変更した後、カンセイと合併し、カルソニックカンセイとなりました。さらに、カンセイが日産系の自動車部品メーカーであったことから、2005年には日産の連結子会社に名を連ねることになりました。

自動車部品といえば、高度経済成長期に日本を下支えしてきたモノづくりの象徴ともいえる存在です。メーカーとして日本の自動車産業の発展に寄与してきたカルソニックカンセイは、日本の成長そのものに多大な貢献をしてきた会社といっていいでしょう。近年では、ブラジルやロシアに拠点を設立し、新型の冷却技術を開発するなど、その勢いはとどまることを知りません。

創業期から自動車部品メーカーとして圧倒的な地位を確立し、今もなお躍進を遂げるカルソニックカンセイに、第二新卒や既卒からでもぜひ入社したいと思っている人は多いのではないでしょうか。カルソニックカンセイは第二新卒や既卒を採用しているのか、評判や口コミを含めて検証してみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

カルソニックカンセイは第二新卒・既卒の採用をしているか?

カルソニックカンセイは、「新卒採用」と「キャリア採用」を行っており、条件はあるものの既卒者であれば応募が可能です。2019年度新卒採用の募集要項を確認すると、応募資格は「2019年3月に大学院・四年制大学卒業見込みの方」「2018年3月以降の卒業者で他社での勤務経験のない方も可」となっています。

卒業後に勤務経験がある第二新卒の場合は、キャリア採用の扱いになるかと思います。カルソニックカンセイのキャリア採用は、必要に応じて不定期で行われているため、度々情報をチェックしておくと良いでしょう。カルソニックカンセイでは、国籍、キャリア歴、ライフスタイル等、さまざまな背景からなる価値観や考え方を歓迎しています。

カルソニックカンセイの事業内容は?

カルソニックカンセイは、グローバルな自動車関連企業として、世界をリードする技術革新とモノづくりに取り組んでいます。コンポーネント技術を軸に、さまざまな技術や製品を組み合わせて新たな製品を生み出し続けており、それら部品をひとつに組み合わせてモジュール化する技術も発展させてきました。このカルソニックカンセイの技術力で、「世界初」「世界最軽量」など多くのイノベーションを世の中に提供しており、現在では世界に80以上の拠点を置くグローバルな企業へと成長しました。カルソニックカンセイの代表的な技術は、世界で初めて量産化に成功したヘッドアップディスプレーや、世界最軽量の小型コンプレッサーなどです。

カルソニックカンセイに入社できたらどんな経験を積める?

カルソニックカンセイに入社できれば、自らが学んだ専攻分野を活かしながら、自動車部品の開発や設計に携わることができます。技術職であれば先行開発、設計、実験、デザイン、品質管理、情報システムなど理系のあらゆる分野の知識が役立つ職種があります。事務職であれば購買、営業、経理、人事などに従事し、会社のサポート役として活躍できます。

カルソニックカンセイの製品は、日本のみならず世界の車を動かす原動力となっています。特許を取得した製品も数多く、社員は自社の商品に誇りを持って働いている人ばかりです。モチベーションの高い同僚に囲まれて、やる気十分に働くことができるでしょう。

もちろん、取引会社とは強い信頼関係で結ばれており、負う責任は多大なものがあります。しかしそれも、カルソニックカンセイの製品に期待が持たれているからこそで、プレッシャーを感じながらも充実感にあふれる日々を送れることでしょう。

入社後しばらくすれば、担当としてどんどん仕事を任されることになり、やる気のある人ほどすぐに成長していきます。自動車開発の流れや、自動車部品の知識を早く身につけたいと思っている人には最適の職場です。

第二新卒からカルソニックカンセイを狙うなら?

第二新卒からカルソニックカンセイを狙うなら、キャリア採用枠の求人を待つよりほかにありません。しかし、必要に応じて行われるキャリア採用の求人を、じっと待っているのは辛いことでしょう。転職エージェントに登録すれば、採用情報をいち早く入手することができます。


また、転職エージェントに登録するメリットは、もう一つあります。それは、非公開求人にアクセスできるようになることです。転職エージェントは、企業が公開していない求人を多く抱えています。非公開求人のなかに、自分のスキルと経験にぴったりの募集が隠れているかもしれません。

また、転職エージェントに登録すれば、企業側からの求人にアクセスするだけではなく、自分自身を企業側に売り込んでもらえる可能性も高まります。どんなプランを持って転職活動に臨み、どんな転職エージェントを選べばよいか、詳しくご案内します。

第二新卒からカルソニックカンセイを狙うためのプラン

自動車部品の分野で数々のイノベーションを生み出してきたカルソニックカンセイに、第二新卒から入社するためには、今の自分の仕事を大事にしながら転職エージェントを活用しましょう。キャリア採用にチャレンジできるような経験を積んではいないと感じていても、まずは転職エージェントに登録してしまうのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントに登録すれば、どうすれば望む通りの転職ができるのか、担当者と二人三脚で考えてゆくことができるためです。担当者からのアドバイスによって、自分の今の課題、やるべきことが可視化されていくことでしょう。

カルソニックカンセイの求める人材は、リスクを恐れず変革を楽しむことのできる人、多様な価値観を尊重して仕事ができる人、高みを目指して自ら成長できる人です。自分の今までの仕事ぶりは、求める人材像にふさわしいと感じるでしょうか。自信を持ってアピールできるよう、今の職場で実績を積むことが大事です。

こんな転職エージェントを選ぼう

転職エージェントには特徴があり、それぞれ強みが違います。カルソニックカンセイに入社したいなら、技術職を目指すか事務職を目指すかで、登録すべき転職エージェントが違ってきます。

技術職での転職を希望するなら、エンジニアに特化した転職エージェントに登録しましょう。担当者は専門用語の分かるエンジニア系転職のプロなので、希望する仕事にマッチした職種への転職が叶えられるよう誘導してくれます。

事務系への転職を希望するなら、大手転職エージェントへ登録しましょう。第二新卒事務系に強いのが、大手の特徴です。また、非公開案件をたくさん抱えているのも、大手に他なりません。

いずれにせよ、まずは複数の転職エージェントに登録を行い、担当者との相性を確認したうえで一社に絞るのがおすすめです。比較しないと、どのエージェントが自分にマッチしているのかわかりません。今の仕事をこなしながらなので大変ですが、理想の転職を叶えるためには、エージェント選びを丁寧に行うのがキモです。

カルソニックカンセイの求人や評判は?

複数の自動車部品を取り扱う会社であり、複数の自動車メーカーとの付き合いもあることなどから、幅広い知識を得られる環境があります。部品の製造販売だけでなく、開発の流れも複数の知識が得られるので、この業界で長く働き続けたいと考えているなら、将来の業務で活かせる知識・スキルを身につけていけるでしょう。