野村證券は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

野村證券は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

野村證券は第二新卒・既卒の採用をしているか?

野村證券は、主に「新卒採用」と「キャリア採用」を行っています。2019年度の新卒採用情報を確認してみると、応募資格には「2019年3月末までに国内外の四年制大学卒業見込、または大学修了見込の方」とあり、既卒でも応募可能となっています。卒業・修了する大学の学部・学科に指定はなく、国籍不問、四年制大学と同等の資格を取得できる方は応募可能など、学歴に関しては比較的自由な条件に設定されているように感じられます。新卒採用で応募できる職種は、「総合職A社員」「総合職B社員」「総合職C社員」「FA社員」の4つに分かれています。

野村證券の事業内容は?

野村證券は、証券業を主な事業として行っています。多くの取扱数を誇るIPO(新規公開株式)をはじめとした豊富なラインナップで、利用者ひとりひとりのニーズに合わせた投資・資産運用サービスを提供しています。店舗でコンサルタントと相談しながら取引をする「本・支店口座」のほかに、店舗を持たずインターネット・電話を用い利用者自身で取引が出来る「野村ネット&コール」を設置しており、利用者にとって便利なサービスも豊富です。また、はじめての投資でも安心して利用できるよう「コンサルティングサービス」に力を入れており、ライフプランイングや相続・贈与、資産運用など利用者の相談内容に合わせた野村ならではのアイデアやソリューションを提案しています。

野村證券の求人や評判は?

リーディングカンパニーと言われており、採用制度から金融商品の開発に至るまで、時代の変化に合わせて積極的に制度を見直している会社です。そのため、女性社員にとっても働きやすい職場環境を作ろうとする動きが見られ、また学生を対象とした金融経済の講義・講演などのイベントも活発に行われているようです。政府が政策として掲げる「貯蓄から投資への流れ」を高め、仕事を通じて国民のライフプランを豊かにするサポートができると感じている社員が多いようです。