NTTデータは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

NTTデータは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

NTTデータは第二新卒・既卒の採用をしているか?

NTTデータでは、主に「新卒採用」と「経験者採用」を行っています。新卒採用の応募資格は、2018年現在で「2018年4月から2019年3月末までに国内外の高等専門学校または、4年生以上の大学学部・修士・博士課程を卒業(見込み)・修了(見込み)の方」となっており、第二新卒・既卒では応募できない可能性が高いです。経験者採用の応募資格は「学歴・年齢不問」が基本となっているので、同じ職種の経験があれば第二新卒・既卒での応募か可能です。現在働いている会社と同じ業界内での転職を考えているなら、NTTデータの経験者採用に応募できるでしょう。

NTTデータの事業内容は?

NTTデータの主な事業内容は、「システムインテグレーション事業」「ネットワークシステムサービス事業」「そのほかこれらに関する一切の事業」です。日本電信電話公社データ通信本部設置当初から、主に日本における社会インフラや電子計算機に関わる事業を展開しており、世界でサービスを提供する大きな会社となっています。普段の生活の中でインターネットやさまざまなネットワークシステムを利用するにあたり、NTTデータが提供するサービスに触れたことがある人も多いのではないでしょうか?NTTデータでは、現在提供しているサービスのみに留まらず、デジタル社会の変化を捉えた更に魅力的なシステムの研究開発にも積極的に取り組んでいます。

NTTデータの求人や評判は?

ネットワークシステムなどの事業で人々の生活を支えているほか、社内には社会貢献を専門的に行うチームがあるようです。仕事を通して社会に貢献している実感が持てるので、やりがいを持って働いていけるでしょう。また、給与水準は業界内で高めだと感じている社員が多く、仕事へのモチベーションに繋がっているようです。各種手当や自己啓発のための学習費支援制度などの福利厚生も含め、給与面で不満を感じることなく働けている人が多いようです。