三井住友は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

三井住友は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

三井住友は第二新卒・既卒の採用をしているか?

三井住友は、「新卒採用」「キャリア採用」「海外現地採用」「スタッフ職採用」を行っています。新卒採用の応募資格を見てみると、「2019年3月末までに四年制大学を卒業または卒業見込みの方」となっており、キャリア採用では「学歴制限は設けていません」と記載されていました。三井住友は、2016年に第二新卒の採用を開始し、一度目は「大卒以上、社会人経験1年以上5年未満」「経験業種不問」という応募条件で第二新卒の募集を行いました。その際のスケジュールは、4~5月に第二新卒募集⇒7~8月に選考⇒10月に採用、のようになっていたので、第二新卒採用で転職を考えている人は定期的に情報をチェックしておきましょう。

三井住友の事業内容は?

三井住友は、銀行業を主な事業としており、本店及び国内・海外支店等での預金業務・菓子大業務・商品有価証券売買業務・有価証券投資業務・内国為替業務・外国為替業務・社債受託および登録業務・金融先物取引等の受託業務・証券投資信託の窓口販売業務等を行っています。関係会社のSMBCリース・ファイナンス会社ではリース業務を行い、そのほか各種与信関連業務・証券業務・投資顧問業務・情報処理業務・情報提供業務なども行っています。また、海外事業として、SMBCキャピタル・マーケット会社が投融資業務・スワップ業務を、三井住友ファイナンス・オーストラリアが投融資業務を行っています。

三井住友の求人や評判は?

新人研修が充実しており、自分の力で業務をこなせるようになるまでのフォローアップ研修もあります。中間層以降には、外部から講師を招いてのビジョン&ゴールを視野に入れた研修なども実施され、女性管理職に向けての研修なども企画されています。もちろん、実際の現場でなくては学べないこともあるものの、業界未経験で挑戦しても知識とスキルを身につけていける環境があるようです。自分自身にある程度力がついたら、後進の育成に携わる機会があり、人材育成や指導力も身についていくようでした。