ソニーは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

ソニーは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

ソニーは第二新卒・既卒の採用をしているか?

現在、ソニーは「新卒採用」と「経験者採用」を行っています。経験者採用の応募資格は、「第二新卒応募可」「大学院博士後期課程(ドクター)在籍中の方も経験者採用の対象」となっているので、第二新卒で経験者採用に応募することができます。ソニーでは2種類の雇用形態を取り入れており、「ジェネラル・エンプロイメント・コントラクト社員」と「プロジェクト・エンプロイメント・コントラクト社員」のどちらかを選択することになります。ジェネラル・エンプロイメント・コントラクト社員は、雇用期限を定めずさまざまな技術領域・職務領域で活躍する可能性を含めた働き方です。一方プロジェクト・エンプロイメント・コントラクト社員は、業務のアサインメントに応じて雇用期間を設定し、専門性を活かした領域に特化して会社に貢献する働き方です。

ソニーの事業内容は?

ソニーは、幅広い分野で事業を展開している会社ですが、代表的なものは「コンスーマー製品・サービス」「新規事業」「プロフェッショナル機器・サービス」に分けられます。“ソニー”という会社名から多くの人がイメージするのは、テレビ・オーディオ・インターネット・デジタルカメラなどに関するサービスなのではないでしょうか。このように人々の生活に寄り添うサービスに加え、エンタテイメントロボットの開発や半導体・メディカル・非接触ICカード技術の開発など、普段の生活の中ではあまり意識することのない幅広い分野においても事業を展開している会社です。

ソニーの求人や評判は?

業界の中でも比較的給与レベルが高く、福利厚生も整っています。社員によって勤務体系が異なることもあるものの、フレックス勤務で自由に仕事をできている人が多いようで、子育てや介護と仕事を両立することも可能です。とは言え、部署によっては仕事量が多く、残業が続くこともあるようなので、どのようなスタイルで働きたいのかということを明確にしておきましょう。