転職したい!第二新卒の転職を成功させる仕事の探し方とは?

転職したい!第二新卒の転職を成功させる仕事の探し方とは?のイメージ

転職を視野には入れているものの、実際に何から行動すべきかわからない第二新卒は多いのではないでしょうか?第二新卒にとって、転職は初めての経験。どのように仕事を探すべきか、いまいち想像できないのが当然でしょう。

そこで今回は、これから転職活動を考える第二新卒に向けて「転職を成功させる仕事の探し方」をお伝えします。

まだ本格的に転職活動を始められていない第二新卒は、ぜひこの記事を求人探しに役立てて頂ければと思います。

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

転職したいと思ったら

転職したいと思った第二新卒が初めにすべきことは、「自分はなぜ転職したいのか」理由の深掘りです。

今の会社に対する不満が強い人は、とにかく早く転職をしたいためすぐに求人探しから始める人も多いでしょう。しかし自分がなぜ今の会社を辞めたくて、次はどんな会社に転職したいのか、ここを深掘りしなければせっかく転職しても早期離職を繰り返してしまいます。

同じ失敗を繰り返さないためにも、本格的な転職活動を始める前に自分自身と向き合う自己分析をしましょう。この自己分析が終わった後に、求人探しを始めるのがベストです。

第二新卒での求人の探し方

それでは具体的に、ここでは第二新卒の求人の探し方を紹介します。求人探しの方法は複数ありますが、そのなかでも特に第二新卒がやりやすい方法をお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

1. 転職エージェント

最もおすすめなのが、転職エージェントを活用する方法です。

転職エージェントのメリットは、求職者一人に対しアドバイザーが一人付いてマンツーマンで転職活動のアドバイスをしてくれる点にあります。第二新卒のような社会人経験も短く転職経験のない人の場合、転職のプロであるアドバイザーが相談に乗ってくれると心強いでしょう。

また転職エージェントは、求職者にヒアリングしたうえで求人を紹介してくれますので、自分の希望に合った企業が見つかる可能性が高いです。

自分一人で転職活動を進めるより、転職エージェントを活用するほうがより効率的に求人探しが進められるのです。

2.ハローワーク

次に紹介するのが、ハローワークを活用する方法です。

ハローワークは自治体ごとにありますので、お住まいの近くの営業所に訪れると良いでしょう。メリットとしては、ハローワークは国が運営しているため求人数が膨大であるという点が挙げられます。

それにハローワークは無料で誰でも利用できるため、紹介される求人もスキルや資格がいらない業務がほとんどです。そのため、ハローワークから紹介された企業の内定を得ることはそう難しくはありません。

ただ残念ながら、ハローワークはスキルや資格が不要な求人が多いため、転職エージェントと比べて良い条件の求人が少ないことが特徴として挙げられます。ハローワークを使うのであれば、こういったメリットとデメリットを理解しておくことが重要でしょう。

3.求人サイト

誰にも頼らず自力で求人を探す方法としては、インターネット上の求人サイトを活用する方法があります。

今すぐに転職したいわけではない、あるいは転職しようかどうか迷っている人は、ひとまず求人サイトから様々な求人を覗いてみると良いでしょう。

転職エージェントやハローワークのようにアドバイザーがつかないため、求人サイトを使った転職活動は自力で進める必要があります。ただ、自分のペースでゆっくりと転職活動を進めたい人にとってはおすすめの方法だと言えるでしょう。

求人を探すポイント

上記では3つの求人探しの方法をお伝えしましたが、それらの方法を使っても、ただ闇雲に求人を探すだけでは相性の良い企業には出会えません。

そこで最後に、自分に合った求人を見つけるためのポイントについてお伝えします。

1.自分に合った探し方をする

効率的に求人を探すには、自分に合った探し方を見つけることが重要です。

とにかく早く転職をしたいのであれば転職エージェントを使うのがおすすめですし、特に転職に焦っていないのであればまずは求人サイトを覗くところから始めても良いでしょう。

また、現在はFacebookやTwitterなどのSNSから仕事を募集している会社もあります。日頃からSNSをよく活用する人であれば、そういった媒体を使うのも良いかもしれません。

自分が向いている求人探しの方法を考慮して、効率的に相性の良い企業を探すようにしましょう。

2.自己分析の結果を念頭に置く

最初に少しお伝えしましたが、相性の良い企業を見つけるためには自己分析をすることが重要です。自分にはどういった適性があり、今後どういったキャリアを歩みたいのかを理解することが、次の転職先を選ぶうえで大切になってきます。

そのため、求人探しをするなら自己分析の結果を考慮しましょう。
自己分析の結果に縛られる必要はありませんが、適正に合った会社を選ぶことで内定を得やすくなりますし、結果として早期離職を防げます。

まとめ

第二新卒でこれから転職活動を始める人は、ぜひ今回紹介した仕事探しの方法を参考にしてください。
特に最近では第二新卒に特化した転職エージェントも増えてきていますので、そういったサービスを活用することもおすすめです。

自分と相性の良い企業に出会うためにも、まずは自分に合った仕事探しの方法を見つけるよう試行錯誤するようにしましょう。