SCSKは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

SCSKは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

SCSKは第二新卒・既卒の採用をしているか?

SCSKは、主に「新卒採用」と「中途採用」を行っており、状況に応じて「障がい者採用」も行っています。2019年度新卒採用の募集要項を確認すると、応募資格には「2019年3月までに四年制大学・大学院(国内外問わず)を卒業・修了予定の方」とあり、第二新卒・既卒に関する記載は特に見つけられませんでした。とは言え、SCSKが積極的に第二新卒者を採用しているという話はあまり聞いたことがないため、今年度の新卒者をメインとして選考を行っていく可能性が高いです。卒業後に職務経験がある場合は、中途採用に応募できるかもしれません。中途採用は、職種によって求められる職歴や経験が違ってくるので、これまでの職務経験を活かせるような職種を見つけてみましょう。

SCSKの事業内容は?

SCSKの主な事業内容は、ITに関するサービスの提供です。製造システム事業、通信システム事業、流通システム事業、金融システム事業、ソリューション事業、ビジネスサービス事業、プラットフォームソリューション事業、ITマネジメント事業など、業種・業界問わずサービスを提供しています。例えば、通信業界への取り組みでは、携帯電話会社の受発注や請求といった顧客管理業務のシステムを構築から保守・運用サービスまで一貫して提供しています。流通業界では、スーパーマーケットや薬局などに、フロント業務への支援および販促・マーケティング、データ解析などの営業支援に関するサービスを提供しています。

SCSKの求人や評判は?

若いころから大きな仕事を任せられることがあるなど、配属されるプロジェクトによっては同業他社よりもステップアップできると感じられる環境があるようです。本人の能力や仕事に対する意欲も大切になってきますが、取引しているクライアントの中には大きなクライアントもいるなど、積極的に仕事を求めていける職場かもしれません。給与に関しては、残業代が15分単位で支給されるなど、働いた分はきちんと貰えているようです。