川崎重工は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

川崎重工は第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

川崎重工は第二新卒・既卒の採用をしているか?

新卒採用で第二新卒・既卒の採用も行っており、卒業後に職務経験が無ければ、第二新卒・既卒でも新卒採用に応募可能です。2019年度新卒採用の応募資格を確認すると、「2019年3月に四年制大学・大学院を卒業(修了)見込みの方」「2019年3月に高等専門学校を卒業見込みの方」「2016年3月以降に四年制大学・大学院・高等専門学校を卒業(修了)し、職務経験のない方」と記載されており、第二新卒・既卒者を積極的に採用していることがわかります。社会人経験がある場合は、中途採用扱いとなるため、中途採用選考に応募することになります。

川崎重工の事業内容は?

川崎重工は、さまざまな分野で幅広い事業を展開しており、代表的なものでは航空宇宙産業、造船事業、鉄道車両事業、エネルギー関連事業などがあります。川崎重工の技術の歴史は100年を越えており、磨き上げてきた先端技術をもって新たな価値を創造し、宇宙から深海にまで多彩な製品を送り出しています。中には、他に類を見ないユニークな事業もあります。各種プラントや環境関連設備、産業用ロボット、汎用ガソリンエンジン、水上バイク、モーターサイクルなどの研究開発に携わり、総合エンジニアリング企業や世界的なレジャー製品メーカーとしても知られています。川崎重工の関連施設や関連企業は国内外に100以上あり、“技術の企業集団”として川崎重工グループを形成しています。

川崎重工の求人や評判は?

良質な車両やバイク、船舶などを作っており、世界中で使用され評価されているため、それ自体が社員の仕事を続けていく上でのモチベーションとなっているようです。航空、船舶の分野では国防に関わっていることもあり、より社会への貢献度を高く実感できる職場なのでしょう。また、長く働き続けている社員は給与などの面においてもそれなりの評価を受けているなど、自分が積み重ねてきたことがきちんと認められる環境もあるようです。