東京エレクトロンは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

東京エレクトロンは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

東京エレクトロンは第二新卒・既卒の採用をしているか?

東京エレクトロンは、「新卒採用」「キャリア採用」「障がい者採用」「海外現地法人採用」を行っています。第二新卒・既卒の場合は、「新卒採用」で応募することが可能です。新卒採用の応募条件は、2018年現在では「2019年3月卒業予定者および既卒者(卒業後3年以内)」となっており、第二新卒・既卒で応募できることがわかります。募集職種は、装置開発・設計・要素研究、メカエンジニア、ソフトエンジニア、プロセスエンジニア、営業、マーケティング、管理・製造間接などがあり、第二新卒・既卒者が幅広い選択肢の中から自分の挑戦したいことを選べるようになっています。

東京エレクトロンの事業内容は?

東京エレクトロンが展開する主な事業は、半導体製造装置事業と、フラットパネルディスプレイ製造装置事業です。インターネットの普及が広がり、医療、教育、金融、自動車、航空、宇宙、安全、環境などのあらゆる産業が成長するにあたり、半導体は今後ますます重要性が高まると言われています。東京エレクトロンでは、「革新的な技術力と、多様なテクノロジーを融合する独創的な提案力で、半導体産業とFPD産業に高い付加価値と利益を生み出す真のグローバルカンパニー」をビジョンに掲げ、主に半導体やフラットパネルディスプレイに関するサービスを通じて産業界の発展に貢献しています。「世界で最も持続可能な企業100社」に選出されるなど、国内のみならず海外にも事業を拡大しています。

東京エレクトロンの求人や評判は?

新人の教育制度が充実しており、若くても仕事をもらえる機会があるため、自分の成長を日々感じながら働いていける環境があるようです。そのため、入社して数年でかなりの戦力となれる社員も多く、積極的に仕事をこなしていく意欲があればスキルアップを目指せるのではないかと思います。また、勤務時間が比較的フレキシブルであることや、新しい制度を積極的に導入して社員の働き方を見直す動きがあるなど、社員が働きやすい環境を整えようとする姿勢が伺えます。