レバテックキャリアはフリーターや既卒も使える?利用した人の評判と口コミ

レバテックキャリアはフリーターや既卒も使える?利用した人の評判と口コミのイメージ

「レバテックキャリア」はレバテック株式会社が運営する転職エージェントです。

エンジニア(SE、Web系、フロントエンド、インフラなど)とクリエイター(デザイナー、ディレクター、イラストレーター、ゲームプランナーなど)に特化したサービスを展開しています。

大きな特徴としては、キャリアアドバイザーがIT業界に精通していること。IT・Web業界の最新技術や業界動向を研修会を通じて常にアップデートしているので、変化が早い業界の“今”をキャッチしているキャリアアドバイザーが相談にのってくれるでしょう。

レバテックキャリアはIT系に強いエージェント?

特に、IT業界の慣習や専門用語も理解しているので、コミュニケーションがスムーズです。大手の転職エージェントは幅広い職種を取り扱っているため、業界への知識が浅く広くなりがち。業界特化型のエージェントはわざわざ説明しなくてもしっかり考慮して、提案してくれます。

さらに企業ごとの対策をしっかりとアドバイスしてくれるのも、レバテックキャリアの特徴です。
職務経歴書の添削を通して、企業に合った書類の書き方をアドバイスしてくれるほか、企業文化に応じた採用ポイントの共有、面接での質疑応答の対策など企業別の対策を提案してくれます。

IT業界に特化しているため、業界トップクラスの求人案件を扱っているのもレバテックキャリアの強みです。通常の転職エージェントにはないような求人案件が多数あります。

外資系・ベンチャー・超大手など、自分で探すだけでは出会えない企業とも出会えるかもしれません。自分の新たな可能性に気づけるという点でも、レバテックキャリアを利用する価値があるでしょう。

レバテックキャリアは第二新卒や既卒、フリーターでも使える?

レバテックキャリアはITエンジニアとクリエイターに特化したサービスなのでプログラミングの「プロ」を求めています。

レバテックキャリアが紹介する企業の採用担当者も「プロ」を求めているため、本当に「未経験」な人がサポートをしてもらうのは厳しいでしょう。

もし未経験からITエンジニアになりたいのなら、まずはプログラミングスクールなどで技術を習得することから始めましょう。

レバテックキャリアでは、未経験からエンジニアを目指す人に向けたサービスも展開しています。スクール選びと、就職活動のサポートをする「レバテックビギナー」です。スキルを身につけた後のサポートもあるので、積極的に利用していきましょう。

また、学生時代にプログラミングを勉強していた人や、何かしらプログラミングスキルがある、アルバイト経験があるといった場合はレバテックキャリアに相談してみましょう。これまで自分の実績、経験をアピールでき、業界に対しての展望や志望動機を持っている人であれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが希望にあった企業を提案してくれるはずです。

レバテックキャリアがおすすめできる4つのポイント

レバテックキャリアを利用すべきおすすめポイントを紹介します。
当てはまると感じた人はぜひ登録してみてください。

IT・WEB業界に特化している転職エージェント

IT・Web系と言っても、企業によって求められるスキルや経験は細部化されています。
専門用語や実務レベルを理解したうえでエンジニアと話せるキャリアアドバイザーでなければ、適切なアドバイスをするのが難しいのが実業です。

レバテックキャリアには元エンジニアのキャリアアドバイザーが在籍しているほか、分野ごとに専門チームを組み、日々業界の最新動向や転職市場の情報を共有しています。

さらに企業訪問を年間累計3000回以上も行なっています。
人事だけでなく、現場のプロジェクトマネージャーやメンバーにもヒアリングを実施して、リアルな現場の声を求職者に伝えているのも、レバテックキャリアならでは。

現場のエンジニアからも信頼され、「こういうスキルを持つ人がいたらぜひ紹介してほしい」というような現場の声もキャッチしています。
企業側が具体的にどのような人材を求めているのかを把握できているので、高いマッチング率を誇っています。

待遇面改善のためのサポート

エンジニアの中には「より難しい案件に関わってみたい」「もっとスキルアップを図れる環境に身を置いてみたい」といった、自身のスキルの研鑽やキャリアアップのために転職を希望する人が多くいます。

他の業種と比べても、スキルや環境面への欲求が強く、年収アップなど待遇面の改善を求めるケースが少ないのがエンジニア転職の特徴です。

しかし、より高い収入を得ている方が、エンジニアとしての評価も高くなる傾向があるため、少しでも良い待遇で採用してもらった方が先々のキャリアのことを考えてもメリットがあります。

「好きな仕事ができれば給料は安くてもよい」とは考えず、自分のスキルに見合った収入で転職ができるように、レバテックキャリアのキャリアアドバイザーがサポートをしてくれます。

例えば、書類選考や面接で自分のスキルを低く伝えてしまうことがないよう、事前資料を共有しながら万全な対策を行います。
求職者は、その企業が求めているスキルを理解した上で、面接でアピールすべきポイントをおさえて採用試験に臨むことができるのです。

じっくりとヒアリングをおこなう丁寧な面談

転職エージェントでは、登録後の早い段階で転職希望者との面談を行います。前職までの実績や経歴、スキル、次の職場で求めるもの、希望する年収、などをヒアリングしていきます。

多くの転職エージェントでは、初回の面談に60分~90分の時間をかけますが、レバテックキャリアでは90分~120分程度の時間をかけてじっくりとヒアリングを行います。

なぜこれだけ面談に時間をかけるかというと、転職希望者のニーズをしっかりと汲み取り、企業へのアピールポイントを洗い出していくためです。エンジニアの人の中には自己評価が低い人もいるため、丁寧な面談によってアピールポイントとなる経験やスキルを聞き出していきます。

求職者にとっては、自身の経験の棚卸しができるほか、企業へのアピールポイントを整理することができるため、大切な機会となるはずです。

企業ごとに徹底した面接対策

レバテックキャリアが転職活動の中でもっとも力を入れているのは、面接対策です。

企業側の着眼点や面接官の特徴、過去に不採用になってしまった人の理由と対応策などを調査して、独自のデータベースをつくっています。レバテックキャリアは会社をあげて面接対策に取り組んでいるので、キャリアアドバイザーによる質のばらつきがない点は大きな強みと言えます。

これらのデータを事前に把握して面接に臨めるため、慌てずに対応することができます。模擬面接も行なっているので初めての転職活動でも安心して取り組みことができます。

実際にレバテックキャリアを使った人の口コミ・評判


実際にレバテックキャリアを利用した人からは、こんな口コミが寄せられています。

企業や業界のポイントへの理解度が高かった

以前は上の意向でプロジェクト内容が変わることも多かったので、次回の転職では経営層や組織体制のしっかりした企業を考えていました。
紹介された企業について、詳しく教えてもらいました。特に経営者のITへの関心度や、開発部門のトップの人柄など働く上で押さえておくべきポイントについてよく調べているなと思いました。面接ではキャリアアドバイザーから聞いた内容について質問できたのでより詳しい話を企業側から聞けて良かったです。
(26歳・男性)

自分でも思ってもみない方向にキャリアが開けた

未経験の職種でしたので、少しでも情報を知りたく、その分野に詳しそうというのはかなり安心感がありました。
コンサルタントさんが二回に渡り対面で私の考え方を引き出してくださり「この仕事がしたい!」を「この業界でこの仕事がしたい!」まで広げてくださいました。
お陰で、逆に私自身も考えを整理することができました。
(25歳・女性)

今すぐ紹介できる企業がないと言われてしまった

入社して半年ですが今の会社でエンジニアとしてやっていくことは難しく、トップの考え方にも賛同出来ないため転職をすることにしました。レバテックはエンジニア専門だと言うことで登録しました。
私の経験では今スグに紹介できる企業が無いとのことで仕方なく他のエージェントを利用して転職しました。エージェントと言っても、各社毎にやり方に違いがあるようです。
(23歳・男性)

レバテックキャリアの転職成功率はどれくらい?

レバテックキャリアではIT・Web業界への転職に高い内定率を誇っています。
エンジニアとしての経験・スキルがある場合には、レバテックキャリアを利用して転職活動をすすめることをオススメします。

第二新卒・既卒・フリーターでエンジニアとしてのキャリアがない場合、すぐに希望する求人に出会うのは難しいかもしれません。まずは「レバテックビギナー」を利用してプログラミングの勉強からはじめることをおすすめします。

「プログラミングは学びたいけど、どのようにして学んでよいかわからない。」といった人でも安心して学べるようにサポートしてくれます。さらに、スクールを卒業した後の就職・転職へのサポートも万全です。

まとめ

IT・WEB業界、エンジニアとクリエイターに特化した転職エージェントのレバテックキャリア。業界に特化したサービスを展開しているため、エンジニアとしての転職を希望している人にはおすすめの転職エージェントです。

第二新卒・既卒・フリーターからの転職でも、エンジニア・クリエイターとしての経験やスキルがあればぜひ登録をして利用してみましょう。手厚いサポートでより良い待遇で転職ができるかもしれません。

未経験からエンジニアを目指す場合は、スキルを身につけるなどの努力が必要になります。「レバテックビギナー」などを利用して、プログラミングのスキルを身につけてから挑戦してみるのがよいでしょう。