既卒・第二新卒・フリーターは転職エージェントを使うべき?メリットはある?

(最終更新日:2018/11/5)

既卒・第二新卒・フリーターは転職エージェントを使うべき?メリットはある?のイメージ

いざ転職しよう!と決めたときに、あなたならまずどんなアクションを起こしますか?インターネットで転職に関するキーワードを検索して求人募集を探す人もいれば、転職に成功した友人に連絡をする人、大学に連絡してみる人もいることでしょう。方法はさまざまあると思いますが、本記事では転職エージェントに相談する方法を採りあげてご紹介します。実はこの初動によって、転職の結果が大きく変わってきます。事前にしっかりと把握しておきましょう。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

転職エージェントでできること。その役割

転職エージェントという言葉は聞いたことがあっても、どのように見つけてどのように相談したらいいのかというところまで把握できる人は実際少ないのではないでしょうか。まずは転職エージェントがしてくれること、そしてその役割を知っておきましょう。

転職エージェントは…無料でキャリア相談に乗ってくれる

転職エージェントの利用は完全に無料です。それは、あなたが入社することになると、転職エージェントは就職する企業から紹介料として年収の3割程度を受け取ることになるからです。
転職エージェントの担当者は、さまざまな経歴を持つ応募者を見てきているので、身近な誰よりも転職に関する知識を持っているとも言えます。なぜ今転職したいのか、どのような企業に転職したいのか、転職をきっかけにどのような成長がしたいのか、などキャリアに関するあらゆる相談を無料で受けてくれるので心強い存在と言えます。

転職エージェントは…無料で求人を紹介してくれる

転職したいけれど、どのように求人募集を探したらいいのかわからない、という方には特に心強いサービスです。キャリア相談をした上で、転職エージェントの担当者があなたにオススメの企業・業種を絞り込んで求人を紹介してくれます。

転職エージェントは…無料で履歴書・経歴書のチェックをしてくれる

第二新卒の方の場合、社会人になってから履歴書・職務経歴書を書いたことがないという方のほうが多いでしょう。新卒採用のときに書いたようなものでは稚拙さが悪目立ちしてしまう場合もありますので、転職エージェントの担当者に添削してもらうと良いでしょう。これももちろん無料で対応してくれます。
第二新卒の方でなくとも、これまで携わってきた業務に関して職務経歴書に書く場合の効果的な方法や、あえて書かないほうが良い内容なども指導してもらえます。

転職エージェントは…無料で面接対策してくれる

転職エージェントの担当者は、あなたが進めていく転職活動のすべてをフォローしてくれます。転職活動の中でも、とくに重要なのが面接であることは言うまでもありません。できるだけ好印象を残し、入社のチャンスを増やすためにも、転職エージェントの担当者に模擬面接をしてもらっておくと安心です。

転職エージェントは…無料で面接をセッティングしてくれる

転職エージェントの担当者は、募集状況を確認した上で企業に対してアポイントメントを取り、面接のセッティングもしてくれます。現職で忙しくしている方にとってはとても助かるサービスですね。

転職エージェントは…給与の交渉もしてくれる

収入が理由で転職を希望している方はもちろんのこと、そうでなくても収入面は気になるところです。とはいえ、面接であまりにも生々しい年収に関しての話題を深掘りするのは心象が良くありません。そのような話題も、転職エージェントの担当者が代わりに聞いて交渉までしてくれます。スムーズに交渉をしてもらうためにも、応募者が事前にしっかりと担当者と希望の額をすり合わせておきましょう。

第二新卒や既卒、フリーターこそ転職エージェントが必要!

インターネット上で求人募集を探すことは容易ですが、必ずしもその行動が就職につながるかどうかはわかりません。自己流の転職スタイルで転職を成功させる方も中にはいますが、「餅屋は餅屋」という言葉がある通り、やはり転職は転職のプロフェッショナルに任せるのがベストな結果を生む方法です。
採用する企業にとっても、個人で応募してきた応募者よりも転職エージェントが選別した上で送り込んできた応募者の方が安心感もあります。何と言ってもプロの転職エージェントが採用試験に備えて力添えしてくれているので、履歴書・職務経歴書の完成度も高く、面接においても的確な応対ができます。

転職エージェントを活用するメリット・デメリット

それでは、具体的に転職エージェントを利用して転職活動を進めるとどのようなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。自分にとってメリット・デメリットどちらが多いかを考えて転職エージェントの利用を決めると良いでしょう。

メリットその1:非公開の求人募集を紹介してもらえる

インターネットや求人雑誌に掲載されている募集以外にも求人募集はあるということをご存知でしょうか。転職エージェントは、求人募集に掲載されていない求人情報も持ち合わせています。また、日々企業の人材情報を集めているので、まだ求人募集を立てていない状態でも、「もうすぐ○○の部署に人が必要になる」という情報をもとに売り込んでくれることもあります。

メリットその2:自己分析を一緒にしてくれる

自分で自己分析を進めると、どうしても自分の都合の良いように受け取ってしまいがちですが、転職エージェントの担当者がともに自己分析をしてくれることによって、これまでに気付くことのなかった強み、もしくはアピールとなるような経験、個性が見つかります。

メリットその3:企業の内情を先に聞くことができる

自分で転職活動をしていると、その企業の内側について知る機会はなかなかありません。無論、社内に友人や知人がいれば別ですが、基本的には表向きに見えている部分でしか把握できません。しかし、転職エージェントの担当者がいれば、「○○の部署は外国人が多くてコミュニケーションは主に英語である」ということや、「○○の部署は女性が多く、和やかな雰囲気で仕事ができる」などと言った現場により近い情報を得ることができます。

メリットその4:手続きを変わりにしてくれる

勤務しながら転職活動を進めていく場合、負担になりがちなのが転職活動に関するスケジュール管理です。現職の仕事中に面接の日程調整をするのも手間になります。そんな面倒な部分も転職エージェントの担当者が代行してくれます。面接に行かれる日程を予め担当者に伝えておけば、担当者が代わりに企業に連絡して次の面接日程を調整してくれます。

メリットその5:不採用の際のフォローもしてくれる

新卒採用のときに、不採用になってしまった理由を知ることはできませんでしたよね。一般的に面接をしてくれた担当者が不採用の理由を教えてくれることはありません。しかし、転職エージェントを通して転職活動をしていれば、担当者が代わりに「なぜこの候補者はNGとなったのか」と採用担当者に聞いてくれるので、その理由を聞き次の面接に備えることができます。

デメリットその1:転職エージェントの担当者のスキルに左右される

転職エージェントを利用するときに、その担当者にスキルがあるかどうかで大きく結果を左右してしまうのがデメリットの1つといえます。有能な担当者に当たれば、自分が想定していたよりもずっと良い条件での転職が叶うかもしれませんが、そうでないと想定外の結果を生む可能性もあります。

デメリットその2:転職エージェントの都合で決められる場合がある

転職エージェントは無料で利用できますが、慈善活動として転職をサポートしているわけではないので担当者のノルマ(紹介料)を達成しやすい企業に紹介される場合もあります。無論、その紹介された企業が自分にとって良い条件であれば問題はありませんが、自分の希望している条件と合っていない場合には要注意です。

デメリットその3:内定を重視されてしまう

転職エージェントとしても、長い間同じ候補者を抱えて転職活動サポートをするよりも、ハイペースで内定を決めていくほうがノルマを達成しやすいので、難関とされる企業への転職活動よりも、身の丈にあった企業を受験して採用されることを優先される場合があります。

本当に正しい転職エージェントの使い方


ここまで読んで、転職エージェントを利用するメリット・デメリット両方をおわかりいただけたのではないかと思います。デメリットはいくつかありますが、結論から言うと転職エージェントの力を借りたほうがスムーズに、かつスピーディーに転職を叶えることができるのではないでしょうか。その場合、どのような点に注意しながら進めれば転職を成功させられるかご説明します。

ポイント1:やる気を見せる

転職エージェントの担当者は、候補者の希望する企業に転職できるようにサポートしてくれますが、代わりに転職活動をしてくれるわけではありません。候補者のやる気を感じれば、当然企業に対してもポジティブに売り込みますし、あまりやる気を感じられなければ自分の紹介した候補者として自信が持てないため必然的にサポートも薄くなります。まずは、担当者に対して十分なやる気を見せ、ともに転職活動を成功させようという意気込みを見せてください。

ポイント2:具体的な転職理由・転職希望先を明示しよう

「なんとなく今の職場が嫌で、もう少しいいところがあったら転職したいです。」というような姿勢での転職活動だと、転職エージェントとしても力を貸しにくいというのが本音です。
・現状抱えている悩み・不満を明確に伝える
・それはなぜ今の職場では改善できないのか
・転職する際には何を一番に重視するか
これらをきちんと担当者に伝えられるように準備しておきましょう。担当者も、これらのポイントが明示されれば候補となる企業を探しやすいですし、あなたに対してもアドバイスがしやすくなります。

まとめ

短期間で次の転職先を決める方もいれば、じっくりと選んでから転職する方もいらっしゃいますが、いずれにしても転職に関するアドバイスがあるかないかによって、その満足度は大きく違ってくるのでないかと思います。今すでに自分で転職活動を進めていて暗礁に乗り上げている場合には、ぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。一気にすべてが解決する緒になるかもしれません。