いろはにぽぺとへの転職は本当に良い?第二新卒向け採用・評判・待遇まとめ

いろはにぽぺとへの転職は本当に良い?第二新卒向け採用・評判・待遇まとめのイメージ

株式会社いろはにぽぺとは、Webサイトやスマートフォンアプリの開発や動画配信、イベント運営等を行っています。「あそびを仕事に、オタクを仕事に。」をコンセプトに、採用条件を【オタク】に限定しているユニークな企業です。
好きなことを仕事にしたい、オタクを極めたい、と考えている人にとっては、趣味を仕事にできるチャンスがあるでしょう。今回は、第二新卒・既卒からもいろはにぽぺとに入社できるのか、いろはにぽぺとはいったいどんな企業なのか、詳しくご紹介していきます。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

株式会社いろはにぽぺとはどんな会社?評判は?

株式会社いろはにぽぺとは2014年に設立された、六本木に本社を置くクリエイティブカンパニーです。渋谷オフィス@スタジオ エンカウント 零式、世田谷オフィス@スタジオ エンカウントⅠ、中目黒オフィス@スタジオ エンカウントⅡ、世田谷第2オフィス@スタジオ エンカウントⅢと都内に4つのスタジオを持ち、3つのグループ会社「~果てなき夢のその先に~株式会社いろはにぽぺと・星空のスターマイン」「~キミの夢が吹き抜ける場所 ~株式会社いろはにぽぺと・エデンの方舟」「~絆を紡ぎ、未来を繋ぐ神翼達の英雄譚~株式会社いろはにぽぺと・イロドリ無幻のミラクルヒーローズ」があります。

そのユニークな名称からもわかる通り、いろはにぽぺとの特徴は「オタク」を最大の武器にしていることです。入社の必須スキルの欄には、

とある通り、ゲームやアニメ、コスプレ、youtuberなどさまざまな分野で活躍しているオタクが在籍しています。

社員がそれぞれに、特化したスキルを持っているいろはにぽぺとでは、事業内容も多岐に亘っています。Webサイトの制作、UI設計、システム運用をはじめ、iOs・Androidアプリ、ゲームのデザインや開発、SEO管理システムや翻訳ツールといった業務基幹系の開発も手がけています。

さらにサークル活動も盛んに行われており、音ゲーやサバゲー、ガンダムなどを楽しみながら、世界に向けた情報発信等も行っています。また、バーチャルユーチューバーやeSportsといった新しい領域にも進出をしているのが、いろはにぽぺとらしい特徴です。今後もオタク市場を開拓していく企業と言えるでしょう。

具体的ないろはにぽぺとの仕事内容

オタクでなければ採用されないなど、ユニークな制度が多いいろはにぽぺとですが、「オタク」というだけでビジネスが成り立つのでしょうか?いろはにぽぺとでは、「趣味を仕事にしてほしい!」という思いから、オタクな趣味や嗜好を事業化しています。ライトノベルやアニメ、漫画、コスプレといった日本のサブカルチャー(オタク)市場に特化し、世界に向けた発信を行っているため、【オタク起業家の育成会社】とも明言しています。

さらにWebサイト、スマホゲーム、業務基幹などの開発、運用も行っているのがいろはにぽぺとです。採用ページには、歓迎するスキル・経験としてプログラマーやエンジニア、ディレクターといった職種での募集があります。好きなことを仕事にするだけでなく、プロフェッショナルとしてのスキルを磨き、社会の一員として活躍できる人材の育成にも力を入れているようです。できることを増やし、活躍するフィールドを広げていくことができそうですね。

いろはにぽぺとの「オタク系クリエイター集団」って本当?

いろはにぽぺとが「オタク系クリエイター集団」と言われているのは、採用時だけではありません。オタク活動を全力で応援してくれる福利厚生や制度が充実しているため、仕事と個人の活動を両立しやすく、副業や複業、将来的には独立を視野に入れて働くことができるのです。さらに雇用形態も多彩で、自分に合った働き方が選べるのが嬉しいですね。

いろはにぽぺとの採用情報についてはこちらからチェックしてみましょう。
採用情報 | 常識の斜め上をいくオタク系クリエイター集団「株式会社いろはにぽぺと」

第二新卒や既卒でいろはにぽぺとに転職できる?

いろはにぽぺとに入社するために必要なスキルは「オタクであること」です。第二新卒や既卒であっても、オタクという条件が一致すれば入社することは可能でしょう。オタクとは「好き」なことをとことん突き詰めることができる人のこと。いろはにぽぺとには、萌え系アニメ・美少女系アニメ・音ゲー・格ゲー・乙ゲー・ゲーム実況・アーケード・声優・コスプレ・同人・サバゲー・アイドル・BL・ラノベ・フィギュア・Vtuberなどさまざまなオタクが集まっています。

いろはにぽぺとは【常識の斜め上をイくオタク系クリエイター集団】ですから、趣味だけにとどまらない、エンジニアやクリエイターとしてのスキルは最低限身につけなければいけません。未経験の人も受け入れ、しっかりと教育をする体制が整っていますから、「好きなことを仕事にしたい」「オタクな趣味を続けながら仕事をしたい」と考えている人は入社を検討してみてはいかがでしょうか。

年収や働きやすさ、社内の雰囲気はどう?

実際にいろはにぽぺとで働いている人・働いていた人は会社の雰囲気についてどのように感じていたのでしょうか。

いろはにぽぺとのポジティブな口コミ

  • 重要なのはオタクであること。社員が全員オタクなので、すぐに仲良くなれる。サークル活動が盛んで、ゲームセンターでの音ゲーや映画、サバゲーなど全部会社の経費でやらせてもらえる。会社の人と共有の趣味で遊べる環境はいいと思う。
  • 個人で行っていた創作活動と会社のニーズが一致したため、入社を決めました。超絶福利厚生という制度で、製作費用の全額を負担してくれるという提案にも惹かれました。会社にスポンサーになってもらってからは、個人で製作していた時よりも制限が出てきて実益があるように創作しなければいけなくなりました。
  • ワーク・ライフ・バランスが叶えやすい環境が整っています。現場選びも社員の希望が通るように調整してくれますし、サポートや相談しやすい雰囲気も出来上がっています。

いろはにぽぺとのネガティブな口コミ

  • 積極的に発言したり、行動を起こすことができない人には向いていないと思います。「こういうことをやりたい」と提案できることも重要で、周りの人は丁寧に聞いてくれます。

「オタク」であることを活かし、自分がやりたいと思えることを形にできる社風があるようです。一方で、「こんなことがやってみたい」「オタク文化をビジネスにつなげたい」という思いがない人には不向きな環境かもしれません。また、年収については採用ページに中途:年俸300万円 ~ 1,000万円/新卒:年俸200万円 ~ 700万円(※能力、実績による)とあります。入社してすぐに高収入が得られる企業というわけではないかもしれません。

まとめ

採用基準を「オタクであること」としているいろはにぽぺとは、ユニークで特徴的な社風を持つ企業ということが分かりましたね。「オタク」と自認できるということは、本当に好きなことを一途に続け、楽しむスキルがあるということです。それだけで強みとなりますし、新しい知識と組み合わせることでビジネスにつなげることができるのです。

いろはにぽぺとでは、エンジニアやクリエイターとしての経験がない人でも、採用のチャンスがあります。オタクとしての自分の活動を大切にしたい人、そのスキルをビジネスに活かしてみたい人はぜひチャレンジしてみましょう。