【自己PRの例文】はじめての転職、既卒、フリーター向け(通過できる職歴作り)

【自己PRの例文】はじめての転職、既卒、フリーター向け(通過できる職歴作り)のイメージ

新卒時に就職活動をしたことがある人でも、転職活動となると提出書類の書き方や企業へのアピール方法などで、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。特に転職での自己PRは、業務に関連した強みや、企業が必要としている人を把握したうえでのアピールが必要になってきます。

自己PRは、企業側にあなたらしさや強みを伝える絶好のアピールの場です。コツをつかんで書類選考、面接を突破できる自己PRをつくっていきましょう!

自己PRは何を考えて作れば良い?

そもそもなぜ企業は、応募書類や面接で、自己PRを聞くのでしょうか?

企業側には、採用したい人物像があります。当然の話しではありますが、能力や経験、人柄や長所などそれぞれの企業・職種ごとに、求める人物像は異なるのです。

そしてその能力・長所があるからこそ、その企業で活躍ができると判断します。たとえば接客業に応募をするのに、「人が苦手でコミュニケーションを取る場面を避けてきた」ということをアピールしても、いっしょに働きたいとは思ってもらえないでしょう。

「応募者がこの企業の中で(この職種で)、活躍するための能力・長所を持っているのか」という点を企業の採用担当者は見ているのです。

そんな「企業の意図を意識して、自己PRを考える」こと。これが大前提の考え方です。

企業がどんな人材を求めているか

自己PRを考えるまえに、応募する企業が求める人物像について考えてみましょう。

応募企業(応募職種)では、どんな能力やスキル、経験が役立つでしょうか?
企業が「どんな人材を求めているのか」を把握したうえで、応募企業ごとに志望動機や自己PRを作成します。

複数の企業に応募する際に、全く同じ履歴書や職務経歴書を使い回すのはやめましょう。企業ごとに求めている人物像が異なるので、PRする事柄も自ずと変わってくるはずです。使い回しは、それだけ企業の意図を無視するということ。
あらゆる角度から自己分析を行いながら、企業が求める人物像にできるだけ近づけていくようにしましょう。

絶対に外せない3つのポイント

自己PRを作成するうえで絶対に外せないのが次の3つのポイントです。

「何をやってきたか」
「何ができるか」
「今後どう(貢献)していきたいか」

採用試験で「御社で〇〇をやってみたいです」と、自分の気持ちだけをPRしても、アピールにはなりません。あなたならではの強みや、どう貢献できるのかをPRできなければ、せっかくの自己PRの機会を無駄にしてしまいます。

まずは具体的な実績や強み(前職での実績・経験)を、応募企業が求める人物像に照らし合わせて考えてみましょう。具体的な経験やスキルがない場合は「コミュニケーション力」や「責任感」など仕事以外の場面での強みをあげ、アピールするのが良いでしょう。

つぎに、その強みを持って、「応募企業で何ができるのか」を伝えましょう。なぜその企業に応募したのか、他社ではなくその企業を選んだ理由を合わせて伝えられるとより良いPRになります。

最後に、「どうやって貢献するか」を説明します。
あなたの強みを、「仕事でどう活かせるか」「活かすことで何ができるのか」を伝えましょう。
この「今後どう(貢献)していきたいか」がなければ自己PRにはならないので注意しましょう。

第二新卒の自己PRはどうやって作れば良い?

第二新卒場合は、どんな自己PRをするのが良いでしょうか?
絶対に外せない3つのポイントを踏まえたうえで、次のことも意識して自己PRを考えてみましょう。

第二新卒は、新卒と比べて「ビジネスマナー」が身についていることが評価されます。入社してすぐに業務ができることは強みとしてアピールできるでしょう。

さらに、前職から短期間での転職ということが、採用担当者にとっては不安に映ることがあるので、「やりたかったことが、御社でなら実現できる」という前向きな理由もアピールポイントになります。前職と応募企業の違いを挙げて、「応募企業だからこそ」という点を伝えるのが良いでしょう。その際、前職の退職理由をネガティブに語ることは避けましょう。

また、第二新卒ならではの自己PRとして、学生時代を通じた経験を自己PRに盛り込むことも可能です。仕事に対する価値観などと絡めて説明するのがおすすめです。

第二新卒は、社会人としての基礎的なマナー・能力を持っていること、フレッシュで伸びしろがあることが評価されます。「さわやかさ」と「積極性」もアピールしていきましょう。

【例文】第二新卒の自己PR

【自己紹介】
大学卒業後、事務職として部署内の営業サポート業務に携わりました。受発注管理や登録業務、事務作業、などを通して、営業スタッフの業務がスムーズに進むように努めてまいりました。営業サポートとしてお客様フォローを行うなかで、お客様に直接ご提案ができる営業職として転職したいと考えるようになりました。現職における勤務経験は2年6カ月ですが、営業サポート業務で身につけた社会人としての経験を生かして、頑張りたいと思います。

【事務処理能力】
PCを使用したデータ入力やデータ集計などの業務が多くありました。受発注管理では、それまで煩雑だった登録表を、新たにわかりやすく作成しました。PCスキルやITリテラシーを高めるために、入社1年目にMOSとITパスポートの資格を取得しております。

【コミュニケーション能力】
営業サポート業務を通して、コミュニケーション能力を高めることができました。常に、「相手が求めているものは何か」を考えて行動していました。営業スタッフとお客様の橋渡しができるように、積極的に連絡をとり、状況を把握したり、困りごとがないか確認を行ったりしました。その結果「仕事がスムーズに進む」と喜んでいただくことができました。

【仕事への熱意】
2年6カ月の社会人経験から仕事の厳しさと楽しさを知ることができました。営業サポート業務を通して、お客様から「ありがとう」と言っていただくことにやりがいを感じ、お客様に直接ご提案ができる営業職に挑戦してみたいと考えるようになりました。御社の商品はお客様の困りごとを解決することに直結しており、多くの「ありがとう」を生み出している商品だと思います。営業職として「ありがとう」をもっと増やせるように頑張りたいと思い志望いたしました。
必要なスキルは実戦で身につけるように努め、自己研鑽を怠らずに、短期間で戦力として活躍できるようになりたいと思います。

フリーターの自己PRはどうやって書く?

フリーターから正社員を目指す人は、どのような自己PRが作成できるでしょうか?
絶対に外せない3つのポイントにプラスして、意識したいポイントをまとめてみましょう。

「フリーターの経験しかないから自己PRすることがない…」と諦めず、まずは自己分析をして「なりたい自分」をイメージしてみましょう。
アルバイトで得た経験、スキル、知識などを整理して、応募企業でそれらをどう活かせるのかを考えてみるのが良いでしょう。

応募企業が求めているスキルと合っている部分があれば、その点を中心に自己PRを考えます。
仕事を通じて得た苦労や喜びといったエピソードを交えながら、仕事へ取り組み姿勢をアピールするのも効果的です。

また、なぜ「正社員」として、今までと違う働き方をしたいのか、その理由も伝えましょう。
アルバイトではなく正社員として、どのような仕事がしたいのか、明確に伝えられると良いでしょう。

自己PRを書くのは難しい!そんな時に参考になる例文

書き方を理解しても、なかなか書き進めるのが難しいのが自己PRです。
そんな時には、例文を参考にしながら書いてみましょう。あなたらしさのある自己PRとなるように、自分の言葉で語る自己PRに仕上げましょう。

【例文】フリーターの自己PR

■自己紹介
私は、大学卒業後アルバイトとして1年間広告制作会社で働き、現在は、雑誌編集社で編集アシスタント業務に携わっています。電話応対や原稿のチェック、文字校正業務も担当しています。
編集アシスタントの業務を通して、直接お客様の手に届く「印刷物」をつくる、印刷の仕事に就きたいと考えるようになりました。
印刷の仕事は未経験ですが、編集アシスタント業務で身に付けた柔軟性やコミュニケーション能力を活かして、印刷のプロを目指したいと考えています。

■仕事で得た経験
現職におけるクライアントや制作会社との赤字等のやりとりでは、日ごろから上司への報告・連絡・相談をこまめに行うことを意識していました。赤字の伝え忘れが起きてしまったことがありましたが、すぐに対応策をとることができ、スケジュール通りに仕事を終えることができました。この経験から得たコミュニケーション能力を生かし、御社でも貢献してまいります。

■主な習得能力
・文字校正能力
・コミュニケーション能力
・自ら考え行動する能力
*アルバイトですが、クライアントや制作会社とのやりとりがスムーズにできるための方策を上司と共に考え実行しておます。

■正社員への抱負
正社員経験はありませんが、正社員・アルバイトで仕事の質に違いがあってはいけないと考え仕事をしてまいりました。アルバイト以上に責任感や積極性が必要になると思いますが、正社員として1日も早く戦力として活躍できるよう頑張りたいと考えております。

自己PRの例文を業界別に見る方法

自己PRは、自分が応募企業に対してどのように貢献できるのかを「自分の言葉」で表現することが大切です。応募企業が求める人物像と自分の強みを照らし合わせ、魅力的に伝えることができれば選考を突破できる可能性も高まります。

一方で、自己PRには書き方の決まりがあるわけではありません。
どのように描けば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。

そんな時は、業界や経験別の例文を検索してみることをおすすめします。「〇〇(業界) 自己PR」「〇〇(専門スキル」 自己PR」などキーワードを検索してみることで、参考となる自己PRの例文を見つけることができるはずです。

ただ、ここで注意したいことは、例文の完全コピーはNGということ。あなたならではの経験やエピソードを交えて書くことで、本当の自己PRが完成します。例文を参考にすることで、アピール方法が明確になると思いますが、あくまで参考程度にとどめるのが良いでしょう。

選考を通過する自己PRを作るコツ

どんな自己PRが選考を通過しやすいのでしょうか?
自己PRを書く時のコツと、NGパターンをご紹介します。

強みを簡潔にまとめる

応募企業・応募職種で活かせそうな長所を選んで簡潔にまとめてPRしましょう。

企業が求めている人物像をしっかりと把握して、マッチする経験やスキルを見極めて記載することが重要です。立派な長所であっても、企業とのマッチングがうまくいかなければ活かすことはできません。
求人情報等を確認して企業研究を行い、企業が求めている部分を強調して記載しましょう。

エピソードを交えて語る

長所を書くだけではPRになりません。
これまでの経験やエピソードを交えて、自分の言葉で自己PRを完成させましょう。より具体的なエピソードや学んだことを書くことで、選考を通過しやすい自己PRとなります。
たとえば「〇〇な長所が〇〇という成果につながった」と具体的なエピソードを書いたり、「上司から〇〇が良いと言われた」と客観的な評価を交えて話したりすることで説得力が増します。

自己PRを書く時のNGパターン

逆に、こんな自己PRは落ちる可能性を高める、というパターンも存在します。自分でも知らないうちにNGパターンに陥ってしまわないよう、意識しながら作成していきましょう。

企業が求める人物像を把握できていない

企業がどんなスキル・経験を持った人物を求めているのかを把握して、それにあった長所をPRしなければ魅力を十分に伝えることができません。

嘘や誇張はいけませんが、自分自身の経験や価値観とマッチする部分がどこなのかよく考えてみることが大切です。

抽象的でわかりにくい表現

「私にはコミュニケーション能力があります。」という記載だけでは、コミュニケーション能力を仕事にどう活かしていけるのかが伝わりません。

前職や学生時代のどういった場面でコミュニケーション能力を発揮できたのか、具体的なエピソードを交えて説明することで、入社後の仕事ぶりを想像してもらいやすくなります。

より具体的なエピソードを語ることで、魅力を伝えることができます。

まとめ

採用試験で、あなたの強みや魅力を伝えることができるのが自己PRです。
採用担当者に「いっしょに働きたい」「こんな場面で活躍してもらえそうだ」と思ってもらうことができたら、次の選考に進めるはずですよね。

そのためには、企業が求めている人物像を理解して、そこにマッチする強みやスキルをPRすることが大切です。
第二新卒や既卒、フリーターであっても、それぞれの経験の中に強みや魅力があるはずです。自分自身をもう一度振り返り、選考を突破できる自己PRをつくっていきましょう。