【退職届のマナー】円満退社のための書き方、渡し方。(テンプレ付き)

【退職届のマナー】円満退社のための書き方、渡し方。(テンプレ付き)のイメージ

転職を考えはじめた人が気になるのが、今働いている会社の「辞め方」ではないでしょうか?
会社を辞めるときに退職届を出すということは聞いたことがあるかもしれませんが、そのタイミングは?どんなことを書けばいいの?誰に出すの?ということは、あまり知られていないかもしれません。

これまでお世話になった会社には、感謝の気持ちを伝えて辞めたいものですよね。
円満退社ができるように、退職届のルールやマナーをまとめてみました。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

円満退職ができる退職届はどんなもの?

退職の際に大切なことは、ビジネスパーソンとして、これまでお世話になった会社へ礼を尽くして手続きを進めていくことです。一時的に上司と関係がギクシャクしてしまうケースも確かにあります。でもしっかりとルールを守り、後任に業務を引き継いでから退職するように心がけることは、円満退社をするために欠かせません。

退職を決意した際に、最初にやるべきことは在籍している会社の就業規則を確認することです。入社時に取り交わした就業規則には「退職のルール」が記されています。例えば「退職の申し出は1カ月前まで」とあれば、その期限を過ぎないように申し出なければいけません。

誰に報告し、誰に退職届を渡す必要があるのかも合わせて確認しましょう。直属の上司に申し出るのか、上司を通して人事や代表取締役が受理をするのかで、退職を申し出るタイミングにも違いが出てくるでしょう。

まずはしっかりと会社のルールを守って退職を申し出ることで円満退社に近づきます。

退職届、退職願の基本的なフォーマット

退職届、退職願はB5またはA4の白い便箋に書きます。罫線入りのものを使っても構いませんが、ビジネス用のシンプルなものを選びましょう。

黒のボールペンか万年筆を使用して書き、白無地の封筒に入れて提出します。封筒は郵便番号の枠がないものを選びましょう。用紙サイズに合わせて、B5用紙の場合は「長形4号」、A4用紙の場合は「長形3号」の封筒を使います。

退職届、退職願は縦書きで記入します。
次の項目を記入しましょう。

◆冒頭行

「退職願」(「退職届」)と書く

◆文の導入

本文一行目の下部に「私儀」または「私事」と書く
(「わたくしごとではありますが…」という意味)

◆退職理由

自己都合退職の場合、「一身上の都合」と書く
※会社都合退職の場合、「一身上の都合」とはせずに、「部門縮小のため」「退職勧奨に伴い」など退職の理由を具体的に書く

◆退職日

退職願…退職を希望する年月日
退職届…上司と合意した退職年月日を書く

◆文末の表現

退職願…「退職いたしたく〜お願い申し上げます」と書く
退職届…「退職いたします」と書く

◆届出年月日

書類の提出年月日を書く

◆所属と氏名

正式な部署名、フルネームを書き、末尾に捺印

◆宛名

組織の最高執行責任者の役名とフルネームを、自分の名前より上方に書く
※敬称は「殿」か「様」

退職届、退職願は手書き?パソコンでの作成もOK?

退職届、退職願は基本的に「手書き」で作成する慣習がありますが、パソコンで作成してもマナー違反ではありません。パソコンで作成する場合は、最後の署名を必ず手書きで書きましょう。筆跡からあなた本人が書いたものであることを証明するためです。

もしも会社のルールで、パソコンで制作をする指示があれば、指定のフォーマットで提出しましょう。

文章の向きは「タテ書き」が無難です。読む人に丁寧な印象を与えられます。

退職届、退職願の提出はいつが良い?


退職は、企業と従業員であるあなたとの間に結ばれた「労働契約」の解除にあたります。会社のルールに従って必要な手続きをしなければいけません。

企業側と認識がずれたり、インターネット上にある情報を優先したりしてしまっては、トラブルにつながりかねません。会社の「就業規則」を確認して、退職届、退職願の提出期限があればそれに合わせて準備をしていきましょう。

「就業規則」の中に、提出方法についての指定がない場合は、直属の上司に直接渡すのが良いようです。できれば一目に触れない会議室や個室などで手渡しましょう。

一般的なフローですが、意思表示から退職までの流れは次の通りです。段階を踏んで退職となるのでスケジュールに余裕を持って進めていきましょう。

1. 退職の決意を固める
2.退職願を作成し、退職希望日を記載する
3.直属上司に退職願を手渡す / 退職願を提出せず、口頭で申し出るだけでも良い
4.上長と相談しながら正式な退職日を決める
5.就業規則に従って退職届を提出する
6.退職

正しくは、退職届、退職願、辞表…どれ?

退職時に提出する書類として「退職願」「退職届」「辞表」の3種類がありますが、それぞれどのような場面で使われるのでしょうか?

「呼び方が違うだけ」と考えている人もいるようですが、実は全く異なる役割を持った書類です。正しく理解して、間違った使い方をしないように気をつけましょう。

◆退職願
「退職したい」ということを打診するための書類
◆退職届
「退職します」ということを宣言する書類
◆辞表
経営層・公務員が組織を辞める時に提出する書類

3つの書類にはそれぞれそれぞれの用途があり、提出するタイミングも異なります。特に辞表は、社長や取締役といった役職のある人か、公務員が提出するものです。間違えないようにしましょう。

「退職願」とは

退職願は、「会社との労働契約を解除したい」という申し出のための書類です。必ずしも文書として提出する必要はなく、上司に口頭で伝える人も多いです。もし、本当に退職するか迷っているような状態であれば、退職願を提出するのはやめたほうがいいかもしれません。文書で提出してしまうと、会社に証拠書類が残ってしまうことになるからです。

一方、文明化して企業側に提出することで退職の意思の強さを示したり、申し出の証拠を残せたりする側面もあります。状況に応じて、提出するか判断しましょう。

「退職届」とは

上司との相談後、会社の承諾を得て退職が確定した後に提出するのが退職届です。こちらも、必ずしも提出が必要な書類ではありません。口頭での意思表示でも認められますが、事務手続きの記録で提出することが多いようです。

さらに退職の交渉がうまくいかないときに「退職届」を提出して、退職への意思表示をする人もいるようです。

まずは「退職願」「退職届」を用意する前に、上司など信頼できる人に退職したい気持ちを伝えてみるのが良いでしょう。その後、どちらの書類の提出が適切なのかを判断し、用意するケースが多いようです。

【退職届の正しいマナー】よくある勘違い

提出した「退職願」「退職届」「辞表」を、取り下げられる?

「退職届」「辞表」の取り下げはできません。労働契約や役職契約の解除を届け出る書類なので、提出することで契約解除が成立したことになります。

「退職願」は契約解除を打診するための書類なので取り下げが可能である場合もありますが、確実ではないのです。退職の意思があることを会社側に伝えてしまっているので、社内での立場などにも影響があるかもしれません。

「退職届」を受け取ってもらえない時はどうすればいいの?

直接の上司が退職交渉に応じてくれない場合は、さらに上の上司に相談しましょう。それでも難しい場合は人事部に相談します。

また、上司が受け取ってくれないからといって、「退職願」「退職届」をデスクの上に置いていくのはやめましょう。受け取った、受け取らない、というやりとりが生じて、問題が複雑化してしまう可能性もあります。

そういった状況になってしまった場合は、「退職を相談した日」「退職届を受け取ってもらえなかった日」といった出来事をメモに残しておくのがいいでしょう。労働基準監督署などに相談をする時にも役立ちます。

退職届を出したら、すぐに同僚や取引先に伝えても良い?

退職を決意したら、すぐにでも周囲に伝えて引き継ぎを進めたいと考える人がいるかもしれませんが、個人の判断で公表するのはマナー違反です。

会社側と話し合い、公表するタイミングを決めましょう。取引先に退職を伝える際には、後任の紹介もあわせて伝えるようにします。業務に差し障りがないように報告することが大切です。

まとめ

退職の意思を固めたら、すぐにでも転職活動や引き継ぎの業務に移りたいと考えてしまいますが、まずはルールを守って退職の手続きを進めることが大切です。
誠意を持ってきちんと退職の手続きをとることで、円満退社ができるでしょう。
新しいスタートを気持ちよく始めるためにも、ポイントを押さえて退職の手続きを行いましょう。