特定派遣は名ばかり正社員!?一般派遣と違う特定派遣が正社員を目指す方法

特定派遣は名ばかり正社員!?一般派遣と違う特定派遣が正社員を目指す方法のイメージ

この記事にたどり着いた方は、転職活動をする中で目にした「特定派遣」という言葉が気になって検索されたのではないでしょうか?「派遣社員として働くのはちょっと…」と及び腰の方でも、派遣社員とは少し違った雇用形態である「特定契約」という働き方ならば考えてみたいという方もいらっしゃることでしょう。この記事では、そのような方々および現在特定派遣として勤務していて今後について考えあぐねているという方々のためにも「特定派遣」の意味と正社員を目指す方法についてわかりやすく解説します。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

【一番知りたい!】特定派遣は正社員とどこがどう違う?

働き方のひとつとして「特定派遣」を検討していらっしゃる方も、現在特定派遣として勤務していらっしゃる方も、一番気になるのが特定派遣と正社員の違いなのではないでしょうか。気になることをポイントに分けてご説明します。

特定派遣とは?

正社員との違いを知る上で欠かせないのが特定派遣について正しく知っておくことです。「特定派遣」とは「常用型派遣」とも呼ばれ、派遣会社に正社員・契約社員として直接雇用されている人物を指して呼びます。派遣会社の正社員・契約社員として勤務をすることになるので、派遣会社の社会保険に加入することもできますし、有給休暇なども取得することができます。また福利厚生も派遣会社の用意したものを享受することができます。特定派遣の特徴として派遣会社との間に定められた雇用契約期間がないので、派遣された先で契約が満了となった場合、もしくは契約が打ち切りになった場合でも無職になることはありません。一般的にイメージされる派遣社員としての働き方との一番の違いと言えるポイントです。

正社員との違いは何?

正社員と派遣社員で大きく異なるポイントは「雇用形態」です。正社員の場合、就業している会社と直接雇用契約を結ぶことで雇用期間を制限しない働き方ができます。これを「無期雇用」と呼びます。正社員として働く以上、特別な事情がない限り長年にわたって勤め上げることが可能であることが大前提となっています。また労働基準法に則った労働環境が提供されることも特徴と言えます。
一方特定派遣の場合には、派遣会社と雇用契約を結ぶことで就業する機会を得ることになり、勤務する先は雇用契約を結んだ派遣会社ではなく、派遣先の企業となります。一般派遣の場合、派遣先との契約が満了となる、もしくは打ち切りとなった場合には同時に派遣会社との契約も終了となる場合が多く、職を失うことにつながります。特定派遣の場合には、雇用主は派遣会社なので、派遣先との契約が完了しても派遣会社との雇用関係は継続されます。いわば正社員のメリットとは派遣社員のメリットの両方を兼ね備えた働き方と言えます。

特定派遣は正社員でも一般派遣でもない抜け道的働き方

ここまでご説明したとおり、同じ派遣社員という扱いでも一般派遣と特定派遣には大きな違いがあります。またすでにご説明の通り、派遣会社の社員として派遣先で勤務することになるので正社員としての勤務ともまた違った働き方をすることになります。
正社員として働くとなると懸念事項となる、

  • 同じ人間関係の中で働き続けなくてはならない
  • 違う環境・人間関係を選ぶには転職しか道がない
  • 企業の中で出世の道を探していかなくてはならない

といった点をすべてなくすことのできる働き方が特定派遣です。
また、一般派遣で働く場合に懸念事項となる、

  • いつ契約が終わってしまうかわからない
  • 派遣先との契約が終わったら仕事失ってしまう
  • 次の派遣先が見つからなかったら収入ゼロになってしまう

といった問題も特定派遣という働き方ならばクリアできます。
正社員としての働き方にも、一般派遣の働き方にも心配や懸念のある方にとっては抜け道となる働き方であると言えるでしょう。

特定派遣が「名ばかり正社員」と言われる理由

正社員や一般派遣と比較するとメリットが多く見える特定派遣としての働き方ですが、一方で「名ばかり正社員」と言われている実状もあります。どうしてそのように言われるのでしょうか。
それは、ここまで説明してこなかったポイントに原因があります。特定派遣で働く場合には、以下のような懸念点があります。

  • 派遣先は紹介してもらえても、派遣会社との無期雇用はないので、いつクビになるかわからない
  • 給与は正社員として働くように上がらない
  • 出世・昇進はないので将来設計が立てにくい

まず、特定派遣として働く上で無視できないのが年齢です。若いうちはさまざまな現場で、さまざまな経験を積み上げていくことも大切になりますが、30代をピークに継続して培ったスキル・能力がないというポイントは大きなデメリットにつながります。尻切れトンボのように勤務していくと、直接的に収入ゼロになるタイミングはなくて済んでも、昇給することもありません。また、年齢を追うごとにスキルの低い人物として派遣先の候補も少なくなっていくでしょう。特定派遣として勤務すると、一見正社員と派遣社員のいいとこ取りのように見えますが、実際はこのようなリスクを負っていくことになるのです。これが「名ばかり正社員」と呼ばれる所以です。

なんとか特定派遣から正社員になるにはどうすれば?

現在特定派遣として勤務している方の場合、このようなリスクを知った上で正社員を目指されているというケースが多いのではないでしょうか。正社員として登用してもらえるようにするにはどのような点に留意すると良いのかも解説します。
はじめにすべきことは以下の2つです。

  • 正社員登用の制度が存在するのかを必ず確認する
  • 過去にその制度を利用して正社員に登用された実績があるかを確認する

正社員登用の制度があり、そしてまたその制度を利用して正社員登用された実績があることが確認できたら、次に自分自身で努力できるポイントを押さえていきましょう。

  • 派遣会社に紹介予定派遣に派遣してもらえるように依頼する
  • 派遣企業から求められたらすぐに提出できるように履歴書・職務経歴書を用意しておく
  • 正社員登用してもらえるようにスキルを磨く
  • 正社員登用にふさわしい人物としての振る舞いを心がける

以上の方法は、これまでお世話になった派遣会社に力を貸してもらって正社員になる方法です。しかし、そればかりではありません。自ら正社員として就職する方法があります。求人募集に目を通し、正社員募集をしている企業を探して履歴書・職務経歴書を提出してみて、チャンスを少しでも増やすことができれば正社員として働く日もそう遠くないかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
どの働き方にもメリット・デメリットの両面があるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。ブラック企業をはじめ、劣悪な環境での勤務は心身ともにダメージを受けるばかりではなく次のキャリアへの支障も生みます。メリットばかりがフォーカスされがちですが、物事の両側面を冷静に見た上で判断するようにしましょう。キャリアはとても長い期間築き上げていかなくてはならないものであることを前提に、「今生活するには十分の収入があるから、考えないでも大丈夫!」という安易な考えを持つことは辞めて、安心できる労働環境に落ち着けるようにがんばりましょう!