トヨタは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

(最終更新日:2018/11/29)

トヨタは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみたのイメージ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

トヨタは第二新卒・既卒の採用をしているか?

トヨタは、新卒採用とキャリア採用を行っており、2015年4月から2019年3月までに卒業(見込)・修了(見込)の人は新卒採用の求人に応募できます。事務系、技術系、業務職の3つの分野に分かれており、それぞれ新卒採用を行っています。トヨタが求めている人物像は、「自ら高い目標を掲げ、周囲を巻き込んで挑戦していく人」です。あえて高い目標を自分で掲げ、現場の事実をしっかり見据えたうえで、泥臭く、愚直に、そして主体的にやり抜いていける人を採用したいと考えています。また、他の価値観を尊重し、意見に謙虚に耳を傾けることで、チームワークを大切にできるかどうかも重視しているようです。

トヨタの事業内容は?

トヨタが展開する主な事業は、クルマの開発です。より環境にやさしいクルマ、より安全なクルマを目指し、開発を続けています。トヨタの目指すクルマを開発するために、それを実現する技術の開発と実用化、そしてさらなる発展まで、テクノロジーにも力を入れています。具体的には、燃料電池自動車や電気自動車に応用できる「環境技術」、万一の事故の際の乗員保護から歩行者へのダメージ軽減まで役立つ「安全技術」、すべての人が安心・スムーズ・自由に移動できる社会を目指す「自動運転技術」などです。ほかにも、「人との共生」を目指した「パートナーロボット」の開発などを行っています。

トヨタの求人や評判は?

クルマに関することが主な事業となっているため、入社してからクルマについて興味が湧いたり、クルマの細かい部品に関する知識なども身に付いたりといったことを感じている社員が多いようです。職場環境は部署によって異なり、チームで連携して業務をこなしていくこともあれば、社員一人ひとりが残業をして大量の業務をこなすこともあるようです。また、グローバルな業務でビジネスレベルの英語を使用する機会があるなど、選択する職種によってスキルアップを目指せる会社のように感じられます。