転職をなんとなく考えているけれど…。転職を迷った時の考え方

転職をなんとなく考えているけれど…。転職を迷った時の考え方のイメージ

今の会社も悪くないけど、もっといい会社があるなら転職したいと思ったことはありませんか?仕事に慣れてくると心に余裕ができ、なんとなく転職について考えてみる人が多いようです。

しかし、企業はなんとなく採用をするわけにはいきません。採用や教育にかかるコストはもちろん、会社に貢献してくれるような仲間を見つけなければならないからです。なんとなくの転職の先にあるのはどんな世界なのか、転職活動を始める前に少しのぞいてみましょう。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

転職を「なんとなく」してみたい。これはアリ・ナシ?

「もっと自分に合った仕事があるのでは」「もう少しいい条件の会社があれば」「違う環境で力を試してみたい」など、転職を考えるきっかけは人それぞれだと思います。今の環境に縛られず、いろいろと考えるのは良いことです。ただ、実際にその気持ちのまま転職するのは果たしてアリなのかナシなのか、自分と照らし合わせながら考えてみましょう。

転職はなんとなくするものではなく、「実現したいこと」があってするものです。それが今の会社では手に入らず、転職するしかないのであれば、転職はアリです。でも、実現したいことが不明確だったり、今の会社で解決できるか否かを考えずに転職に踏み切るのは、ナシです。

企業は、採用にかなりの時間とコストをかけています。本気で取り組んでいるのです。そして、「意欲」がある人かどうかは、選考において重要視されます。なんとなく活動をしている場合はすぐに見抜かれてしまうので、内定をもらえる確率は低くなります。その状況で取り組んでも、無駄な時間を費やしてしまうことになるので、自分の気持ちを整理してから動き出すようにしましょう。

「転職したいな…」と今の仕事を迷っている時に考えるべきこと

変化を求めるのは、決して悪いことではありません。もちろん、今より良い会社に転職できる可能性もあります。転職について考え始めたら、まず自分の気持ちと向き合う時間を作ってみてください。

実現したいことは何か

やりたいことを実現するために転職をするというのが自然な考え方です。仕事はもちろん、プライベートや将来のことも含めて、これからどんな生活をしていきたいかをできるだけ具体的に考えてみましょう。

今の会社では実現できないのか

仕事の取り組み方、働き方、部署異動などによって、今の会社で実現する方法がないか検討してみましょう。もし方法があるなら、無理に転職する必要はなく、そこに力を注げばよいと思います。

実現するための覚悟はあるのか

転職活動は、それなりに時間と労力を要します。また、思い通りにいかない可能性もあります。それでも理想の未来を手に入れるために頑張る覚悟ができているなら、転職活動を始めるべきだと思います。ライバルの中には、本気で取り組んでいる人も多くいます。もし、少しでも迷いがある状況で進めたとしても、彼らにはおそらく勝てません。気持ちが固まるまで、じっくり考えてみるとよいでしょう。

なんとなく転職したい時、考えやすくなるヒント

ぼんやりと転職について考えていると、自分は転職すべきなのかを知りたくなると思います。決断しやすくするためのポイントをご紹介します。参考にしながら、自分に問いかけてみてください。

自分の仕事のメリット・デメリットを書き出してみる

まず、一番考えやすい仕事内容に目を向けてみましょう。今の仕事のメリットとデメリットを書き出します。その数を比較するのもひとつのやり方ですが、是非メリットの中身に注目してみてください。得られるメリットがその会社特有のものであれば、環境を変える必要はないかもしれません。逆に、福利厚生など条件的なものが多く、他の会社でも得られる可能性が高ければ、環境を変えてやりがいのある仕事を探してみるのもありだと思います。

今の会社を選んだ理由を思い出してみる

誰しも、今の会社を選んだ理由があるはずです。入社時に思い描いたことは達成されたのか、ここでは達成できないのか、ここで達成したいのかなども考えてみましょう。

達成できたから新しい環境にチャレンジしたいのか、今の会社で実現することは難しいのでその環境が整っているところに転職したいのか、自分にはまだできることがあるので今の会社でもう少し頑張ってみるのか、何かしらの方向性が見えてくるはずです。

転職エージェントに相談する

1人で考えていると考え方が偏ってしまったり、感情に流されて冷静な判断ができないこともあると思います。その時は、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロに話を聞いてもらうことで、客観的な意見をもらえたり、同じように悩んでいた人がどう決断したかなども教えてもらえると思います。無料なので、いくつかの転職エージェントに登録して何人かに相談してみると、新たな発見があるかもしれませんね。

転職活動用の書類を作成してみる

履歴書や職務経歴書を作成するには、転職理由や志望動機、自己PRを考えなければなりません。これまでのことを振り返りつつ、自分にはどんな経験やスキルがあって、これからどう活かしていきたいのか、どんな人生を送っていきたいのかを考えてみるきっかけになると思います。考える中で、今の会社でやり残したことが見えてきたり、新しい環境にチャレンジしたいという意欲がわいてくることもあるでしょう。その気持ちこそが、転職を決める軸になるのです。

自分が納得できそうな求人を本気で探してみる

実際に自分の望むような求人があるかどうかを調べてみるのもおすすめです。良い求人があれば、チャレンジしてみるのもいいと思います。求人を本気で探していると、理想の求人はあっても条件を満たしていなかったり、自分の能力では今の会社よりいい求人はないかもしれません。転職活動に本腰を入れる前に、自分や今の会社の市場価値を知っておくと、正しい判断ができると思います。

転職を「なんとなく」することのデメリット

なんとなくでも転職できる人もいます。ただ、その先にあるデメリットも知っておいた方が良いと思うので、簡単にお話しておきます。

今よりも妥協が必要な会社になる可能性が高い

なんとなく就職できたとしても、今よりも条件が悪くなる可能性が高いということは知っておいてください。なぜかというと、企業が採用する時に見ているのは、求職者の「熱意」だからです。

能力はもちろん、会社に貢献したいという意欲のある人を採用したいと考えています。相手は採用のプロなので、転職理由や志望動機を見ればその人の意欲は簡単に見抜けてしまうのです。そのため、採用をしっかり行っている企業を志望しても採用されず、なんとなく採用をしている企業から内定をもらい、なんとなく転職することになります。採用活動をなんとなくやっている会社の場合、今の会社より妥協しなければならないことが多く、結果的に転職しなければよかったと思うことが多いようです。

無駄な転職を重ねる原因になる

なんとなく転職活動をしていると、転職する理由が不明確なことが多く、企業を選定する軸もあやふやになってしまいます。そのため、転職後に後悔する確率が非常に高いです。転職が失敗だったと感じてまた転職をするという繰り返しになってしまうのです。

ステップアップできるような転職であればよいのですが、なんとなく転職を繰り返すのは、あまりメリットがありません。短期間の転職を繰り返していると、印象も悪くなってしまうので、できれば転職する理由をはっきりさせてから行動することをおすすめします。

なんとなく転職を成功させるために必要不可欠なことは

では、転職を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか。必要なことを2つご紹介します。とても重要なことなので、これだけは忘れないようにしてくださいね。

勇気を出してみること

転職をする場合、周囲の人に色々と言われるかもしれません。でも、大切なのは勇気をもって自分で決断することです。家族への影響や負担も多少はあるかもしれませんが、あなた自身への影響が一番大きいからです。何かあったときに、後悔するのはあなた自身です。できる限りそれは避けてほしいので、覚悟を決めて転職活動をスタートさせましょう。

自分なりに納得できる理由を見つけること

とにかく納得できる転職理由を見つけることがとても大切です。これがぶれてしまうと、転職は成功しません。求めるものは人それぞれなので、どんな理由でもかまわないと思います。重要なのは、その理由に100%自分が納得しているかということです。転職することで何を実現したいのか、それは何のためなのか、それは今の会社では実現できないのかを、自信を持って話せるようになるまで考え抜いてください。そうすれば、きっと良い方向に進んでいくと思います。

まとめ

なんとなくでも転職をすることはできます。しかし、今より条件が悪くなってしまったり、納得がいかず転職を繰り返すという人が非常に多いです。そうならないためには、何を実現するために転職するのかを明確にしておくことが大切です。自分の納得する軸を見つけて、転職を成功させましょう。