第二新卒が効率よく求人を探す方法【成功者が必ず実践している方法】

第二新卒が効率よく求人を探す方法【成功者が必ず実践している方法】のイメージ

スキルや経験が少ない第二新卒の転職は難しいと思っていませんか?

もちろん、新卒や社会人歴が豊富な転職者と比較すると劣りますが、転職を成功させている第二新卒の人もたくさんいます。転職を成功させるためには、求人の探し方が非常に重要です。具体的にどう探せばいいのかを比較しながら紹介していきます。転職を成功させるコツをしっかり押さえて、一歩を踏み出してみましょう。

この記事のもくじ

正社員への第一歩は、転職相談から

既卒、フリーターへの就職支援は、ニーズの高まりとともに専門の就職支援会社も増えています。独自のノウハウを持ち、無料とは思えないほどのサポートを受けられるのも大きなメリット。転職活動成功への最短ルートと言っても過言ではありません。

第二新卒の転職を成功させる大きな分かれ道

第二新卒の転職の場合、すぐに就職先が見つかる人とそうでない人がいると思います。学歴や職歴の差だと思っている人もいるかもしれませんが、実はそうではないのです。違いが出る理由は、求人の探し方にあるのです。

第二新卒は、新卒や転職の求人にも応募することは可能です。しかし、新卒と比較しても社会人経験の豊富な転職者と比較しても、不利になりがちです。同じくらいの年齢であれば新卒を採用したい、多少年を重ねていても構わないので即戦力となる人を採用したいと考える企業が多いからです。そういった土俵で勝負しても、なかなか勝てないのはイメージできますよね。では、どうすればよいのかを次でご紹介します。

転職成功している人は転職エージェントを使っている

第二新卒の転職を成功させている人は、転職エージェントを活用しています。求人サイトではなく、転職エージェントを使うメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

無料で活動支援までしてもらえる

転職エージェントは、求人紹介だけでなく、キャリア相談から書類の添削、面接対策などさまざまな支援をしてくれます。そのすべてのサービスも無料で使うことができるのです。自分の思っていることを担当者に伝えて関係性を構築し、サービスを惜しみなく活用することが、転職エージェントを使う際のポイントです。

第二新卒ならではのノウハウがある

第二新卒の転職で重要なのが、「第二新卒ならではのノウハウ」を知っているか否かということです。繰り返しになりますが、ポテンシャル採用の新卒とも、スキルアピールできる転職者とも違う微妙な立ち位置にいるのが第二新卒です。その特性を理解したうえで、求人探しや自己アピールをしなければ、競い負けてしまうのです。そのノウハウを持っているのが、転職エージェントなのです。1人でもがくのではなく、ノウハウを持っているプロに相談するのが成功への近道です。

非公開求人や独自の求人がある場合も

求人情報の約8割は、非公開だとも言われています。求人サイトに情報を掲載すると、条件に合っていない人も応募してくる可能性があり、応募があるとなんらかの対応をしなければなりません。忙しい人事担当者にとって、貴重な時間を奪われてしまうのは大きなデメリットです。それを避けるために、求人情報を非公開にする企業が多いのです。

また大手企業の中には、1社にだけ求人を公開している場合もあります。よって、複数の転職エージェントに登録して活用するほうが、理想の求人に出会える可能性は高くなります。

推薦や条件交渉をしてもらえる場合も

転職エージェントによっては、企業の人事担当者へ推薦書を出してくれたり、自分ではやりづらい給与などの条件交渉をしてもらえる場合もあります。転職エージェントの場合は、企業へ訪問をして関係性を構築しているので、自分で交渉するよりもスムーズにいく可能性が高いので、相談してみるとよいでしょう。

必ず利用してもらいたい第二新卒向けエージェント

転職エージェントを使うメリットは理解していただけたと思います。数ある転職エージェントの中から、それぞれの特徴を踏まえて第二新卒におすすめのものを5個ピックアップしてみました。自分の要望に合わせていくつか使ってみましょう。

マイナビエージェント

新卒採用で最大手のマイナビには、ほとんどの企業が求人を出しています。その流れで、第二新卒の採用実績も年々伸びています。第二新卒の求人をマイナビにしか出していないという企業も多いため、可能性を広げるためにも登録しておくべきエージェントですね。

DODA

案件数では多少劣りますが、面接対策や書類の添削などの質が高いと評判です。また、一人ひとりのペースに合わせてサポートしてくれるので、無理に決断を迫られて困るということもありません。そういったプッシュの強いエージェントを希望であれば、リクルートエージェントがおすすめです。

ウズキャリ第二新卒

第二新卒に特化したエージェントで、内定率は86%を誇っています。カウンセラーが元既卒や第二新卒というのが特徴です。内定者の定着率など独自の基準を設けて会社を精査しているので、ブラック企業を紹介される心配がないのも魅力的ですね。

ハタラクティブ

第二新卒や既卒をターゲットにした転職エージェントで、第二新卒特化型の中で歴史が一番長く、最大手のエージェントです。書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という高い実績を残しています。

就職Shop

リクルートキャリアが運営していて、どの求人も書類選考なしで面接を受けられるのが特徴です。職歴ではなく、人柄などを見て判断する企業が多く、第二新卒や既卒求人も多数取り扱っています。未経験歓迎の事務や企画の求人も多数あるようなので、未経験の仕事に挑戦したい人は選択肢が広がるかもしれませんね。

対象エリアが限定されている場合もあるので、事前に確認してから登録するようにしましょう。

効率よく求人を探すなら複数登録するのが正解

大前提として、第二新卒向けの求人はまだまだ数が限られています。さらに、上でも少し触れましたが、企業によっては1社にしか求人を出していないケースも多々あります。そう考えると、1社しか利用していなければ、自分にあった求人を見逃してしまう可能性があります。もれなく情報収集するためには、複数のエージェントに登録しておくのが正解です。併せて、メインで使うエージェントを決めておけば、エージェントの対応に時間を取られ過ぎることもなく、効率的に進められるでしょう。

ハローワークや求人サイトではダメ?

転職エージェント以外にも、ハローワークや求人サイトでも求人情報を得ることはできます。しかし、第二新卒の転職を成功させるためには、それらのサービスでは足りない部分があります。

ハローワークが第二新卒向けではない理由

ハローワークは、国の運営する支援施設であり、安心感はあると思います。企業は求人情報を無料で掲載することができるので求人数が多いという特徴はありますが、1社ごとの情報が少ないため、いい求人を見つけるのは難しいのです。地元の企業に強いという特徴はあるので、情報収集程度に活用するのはありだと思いますが、書類の添削や面接対策などはノウハウを持っている転職エージェントを活用するほうが良いでしょう。

求人サイトではなくエージェントが良い理由

求人サイトは、自分のペースで求人情報を検索することには適していますが、オープンになっている求人のため、応募の倍率が非常に高いです。特に、転職サイトの場合は、経験豊富な転職希望者が競争相手のため、第二新卒の合格率は低くなってしまいます。一方、転職エージェントであれば、非公開の求人情報も多く保有していて、その中から自分の特徴や要望にあった求人を紹介してもらえるので、倍率も低く、合格率もぐっと高くなります。

転職エージェントは、企業側とも密にコミュニケーションを取っているため、求人には書かれない情報も把握しています。企業が求めることや雰囲気などを知った上で、書類の添削や模擬面接などを行ってもらえるため、サポートの手厚さでも転職エージェントを使うメリットが大きいですね。

第二新卒が積極的に採用されているのは今だけ?

第二新卒とは、就職後3年以内に退職して再就職する人のことを指します。第二新卒の採用の背景には、新卒採用の競争率が高まり、将来を担ってくれる若手社員の採用が困難になっていることがあります。そこで注目を集めているのが、教育コストがかからず、若くて将来性を期待できる第二新卒の存在なのです。

採用に追いつかないほど急成長している企業や若手の定着率が低い企業などは、今後も第二新卒をターゲットに採用をしていくだろうと考えられます。一方で、第二新卒という枠には25歳くらいまでという制限があります。そのため、転職したいと思い立ったら、年を重ねて市場価値が低くなる前に転職活動をはじめる方が良いかもしれませんね。

まとめ

第二新卒の転職のカギは、転職エージェントを活用することです。非公開の求人情報もたくさんもっていて、企業側の情報を踏まえて書類の添削や面接対策まで手厚くサポートしてくれます。求人情報を1社にしか出していない企業もあるので、求人の見落としがないよう複数のエージェントを活用して間口を広げ、転職を成功させましょう。